Smoke Bellow – “Fee Fee”

51 views

ボルチモアを拠点とするオーストラリアの Smoke Bellowの最新アルバム ‘Open For Business‘ は、バンドにとって通算4枚目のアルバムで、Trouble In Mind Recordsからの初リリースとなります。彼らのサウンドはミニマルと表現されることが多いのですが、サイケ、ポストパンク、ドリームポップ、コズミックな探求のパスティシェの中にメロディーを織り込み、ループさせているので、このアルバムは決してまばらではありません。彼らのサウンドは独自のものであり、魅惑的な反復と、リズミカルな構成に焦点を当てた、瑞々しさと広がりを感じさせるソフトなアレンジの間で揺れ動いています。Meredith McHugh(メレディス・マクヒュー)と Christian Best(クリスチャン・ベスト)のデュオは、長年オーストラリアとアメリカを行き来してきましたが、ドラマーの Emmanuel Nicolaidis(エマニュエル・ニコライディス)とともに再びボルチモアに戻ってきて、線の外側に絵を描くような魔法のようなアルバムを制作しました。

“Fee Fee” は、’Open For Business’ の最初のシングルであり、オープニング・カットです。この曲は、Smoke Bellowのすべてのトリックを放棄することなく、この先の色調を設定します。すぐに夢中になれる素晴らしい曲で、野心的なビジョンとテクスチャーのシンプルさが一体となった彼らの世界に引き込まれます。バンドは、リズムを前面に押し出すという努力を即座に実行し、焦点を失うことなくスライドしたりシフトしたりする暖かいグルーヴで私たちを魅了します。バンドの創造には非常に多くの繊細なディテールがあり、”Fee Fee” では、重ねられたサウンド、スクロン、そして瞬間から瞬間へのガタガタしたジャンプで、それに命を吹き込んでいます。この曲では、重ねられた音、スクロン、そして次の瞬間へのガタガタしたジャンプが命を吹き込んでいます。

この曲についてバンドは、「この曲は、あっという間にできました。この曲は、The Flying Lizardsの熱狂的なサウンド・コラージュにインスパイアされたものです。この曲は、レコードのために作った最後の曲の一つです。この時点でレコードの個性が確立されていたので、この曲でどこに行くべきかが決まっていたんだ。」