Cold Beat – “See You Again”

50 views

サンフランシスコの Cold Beatは、ニューアルバム ‘War Garden‘ を Like LTDからリリースします。タイトルは、第二次世界大戦中、海外の軍隊に物資を送る際に、人々が自分で食べ物を育てることを奨励した「勝利の庭園」にちなんだものですが、パンデミックや、紛争時の自給自足の感覚にも由来しています。バンドリーダーの Hannah Lew(ハンナ・ルー)と Cold Beatのメンバー(Sean Monaghan、Kyle King、Luciano Talpini Aita)は、Zoomを使って曲を作り、遠隔操作でアルバムを制作しました。

最初のシングルは “See You Again” で、パンデミックの初期に書かれたゴージャスでドリーミーなシンセ・バラードです。この曲は、最初は人付き合いができないという文字通りの意味で書かれていましたが、その後、死後の世界で愛する人と再会することをテーマにしています。「私は何ヶ月もかけてウォー・ガーデンの手入れをしていました」とルーは言います。「土を扱うことは希望に満ちていますが、同時に病的でもあります。親しい友人の埋葬に立ち会えなかった代わりに、球根を埋葬しなければなりませんでした。種子を埋めることは、実際にその場にいられなくても、その場にいるための物理的な方法のように、ほとんどフェティッシュになりました。」