Smoke Bellow – Open For Business

ARTIST : Smoke Bellow
TITLE : Open For Business
LABEL : Trouble In Mind Records
RELEASE : 9/17/2021
GENRE : artrock, postpunk, kraut
LOCATION : Baltimore, Maryland

TRACKLISTING :
1.Fee Fee
2.Hannan
3.Anniversary
4.Night Light
5.Furry Computer 2
6.Fuck On
7.Maybe Something
8.Wrong Size
9.Take The Line For A Walk

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , ,

大陸横断型のエクスペリメンタル・デュオ、Smoke Bellowは、2012年にオーストラリアからメリーランド州ボルチモアに移り住み、また戻ってきて、さらにバックアゲインを繰り返してきました(現在はボルチモアにしっかりと定住しています)。2014年にLP ‘Blooming/Middling’、2018年に ‘Isolation 3000’ (いずれもボルチモアのレーベル Ehse Records)をリリースしたデュオは、ラインアップの入れ替えを経て、お気に入りのドラマーであり親愛なる友人でもある Emmanuel Nicolaidis(エマニュエル・ニコライディス)(Thank You, Oh Hang)を起用しました。

‘Open For Business’ では、3人のメンバーは、前作よりももっと即効性のある、素直な曲を作ることを目指しました。アルバムタイトルは、メリーランド州知事ラリー・ホーガンの「We’re open for business(我々はビジネスのために開かれている)」というあまり意味のない標語を皮肉ったものです。曲の半分は一緒の部屋で書き、後半はメールで書きました(理由は明白です)。当時、彼らはポストパンクをよく聴いていて、推進力のある楽器としてのドラムとベースの連携に衝撃を受けました。彼らはそのアイデアをもとに曲を書き始めました。リズムは彼らの装飾を吊るすための支柱のようなものです。

Smoke Bellowのサウンドには、さまざまなものが影響しています。Compass Pointスタジオの有名なリズムセクションであるSly and Robbieの全盛期は、何ヶ月も彼らを支えました。その他にも、古き良きVU、ESG、ギターヒーローのZani Diabate、The Raincoats(特に評価の低いセカンドアルバム ‘Odyshape’)、Flying Lizardsの熱狂的なサウンドの衝突、Yo La Tengoの常に暖かいブランケット、Stereolabの進化する反復、Asa Osborneの控えめな天才、そしてPhilip Glassや Steve Reichなどがあります。David Byrneと Robert Wilsonの “Knee plays” は、音楽に合わせて語られる言葉の楽しさを思い出させてくれました。Christian J. Best(クリスチャン・J・ベスト)と Meredith McHugh(メレディス・マクヒュー)は、ボルチモアでの生活、孤立感(再び)、メルボルンでの生活の思い出、友人やお互いのことなどを歌詞にしました。「私たちは、レジリエンスとレジスタンスについて語りたかったのです。」とベストは語っています。レコーディングとミキシングは、スモーキー山脈の人里離れた山小屋とボルチモアのテンポハウスを行き来しながら、Jared Paoliniと共に行いました。”Maybe Something” にはO wen Gardner(Horse Lords)のチェロが入っています。”Night Light” の歌詞は Daniel Stephensenによるものです。

created by Rinker
¥1,500 (2021/10/19 00:38:28時点 Amazon調べ-詳細)