Rid Of Me – “Myself”

バンド名に PJ Harvey のベストアルバムの名前をつけるのは大胆な行動ですが、Rid Of Me は十分に野心的なようです。昨年春にデビューEPをリリースしたフィラデルフィアのグループは、初のフルアルバム ‘Traveling’ をリリースします。リード・シングルの “Myself” は、ノイジーなカオスの渦のように盛り上リマス。ヴォーカルのローゼンバーグは、この曲について、

「この曲自体は、孤独、他人への願望の投影、恐怖、友人を必要とすること、徹底的に自分を必要とすることなど、深みについての曲です。自分自身を知ること、そしてそれがどれほど簡単に、そしてすぐにレベルダウンしたりクラッシュしたりするかということです。焦点を当て、認識すること」

私が自分自身から脱却するとき
私は誰からも離れない
落ちてくるものを探し続ける
忍耐力を養うために
自分の忍耐力を養うために
自分の顔を抱きしめて
私が持っているものの中で
私が見せるべきものは
私の緑のカバー
テンペスのような輝きを
そして私は息を止める
しがみついた自我のためにすべてのコントロールを失うだろう
私が通過するものは
私には偽りの意味を、あなたにはいくつかの意味を
私が自分自身と決別するとき
夢中になっているうちにすべてから抜け出す
その存在の断片は
投げてはいけないとわかっていても、すべてを突き刺す
私に必要なもの、私の意味を
そして私は偽りの天才を強要する
何でもないことの落差を見極めながら
私が自分自身と決別するとき
私はすべてから脱却し、落下しないようにする