Lunar Vacation – “Gears”

49 views

アトランタのバンド Lunar Vacation が、デビュー・フルレングス ‘Inside Every Fig Is A Dead Wasp‘ を発表し、すでに “Shrug” と “Mold” が発表されていますが、本日新たに “Gears” を発表しました。バンドリーダーの Grace Repasky は、この曲について次のように語っています。

「人間関係を振り返るときは、たいていバラ色のメガネをかけています。この曲は、こんなことがあっても、これが世界の終わりではないのだから、前進しなければならないということを教えてくれているのだと思います。しかし、最後の行は、私の内面の気持ちを反映しています……私はおそらく、失ったことについて常に少し悲しんでいるでしょう。私の曲のほとんどは、すべてではありませんが、未来の私が過去の私に、重い感情を呼び起こした特定の状況についてアドバイスや洞察を与えているような気がします」

この世でも来世でもあなたなしではいられないわ
気持ちを変えるにはもう遅いかな?
街はどんどん高くなり、ビルはどんどん明るくなっていく
あなたの名前を探しているところです
3部構成のハーモニーを消化して
そして、それらは私には馴染まない
メロディの調子が悪くなってきた
理由はない
悲しむ必要はないんだよ
悲しいことに
理由はない
悲しむ理由なんてないさ
ルーツへの思い、2Xのパンツとキッチンシューズ
チャンスは誰のためにあるの?
舵を取ろうとした壊れた車輪
先に進んでギアを変えてみよう
クリロンカラーがカバーする赤・黄・青
理由はない
悲しむ必要なんてないんだよ
悲しいのは
理由がない
悲しくなるような理由を教えてください
悲しいのは
それが始まったとき
魅惑の仕組みがわからなくて
すべてが宙に浮いてしまった
すべてが壊れてしまった
音符はいつも外れていた
それでも理由はない
悲しむことも怒ることもない
理由なんてないんだ
悲しむ理由、笑う理由を教えてくれよ
あなたは進んでいるけど、私はまだあなたの呼び出しを愛している
ハイウェイの壁を覆う
あなたは私がまだそれについて悲しくなることを知っている それについて悲しい
悲しくてたまらない
悲しいのは


created by Rinker
¥250 (2021/10/19 18:36:20時点 Amazon調べ-詳細)