Rentboy – “Boys Talk”

112 views

フィラデルフィアのオルタナティブ・ポップ・アーティスト、Rentboy(Bobby Brown)が、昨年の ‘Pay My Rent’ に続き ‘Head in Unlit Homes’ をリリースするようです。この作品は、ネブラスカ州の農場を訪れた際に書いた3曲入りのEPで、広大な風景、ラジオ局、ブルーカラーの男たちからインスピレーションを受け、彼が言うところの「ディープ・カウボーイ・ポップ」を表現しています。

リードシングル “Boys Talk” は、ディープハウスの要素を持ちながら、スティールギターとエレクトリックキーを使ったユニークで満足度の高いポップトラックです。ブラウンの豊かなボーカルは、この曲が作られた風景のように、高揚感と広がりを同時に感じさせる控えめなインストゥルメンタルの中で、キャッチーで力強いメロディーを奏でています。

このシングルについてブラウンは次のように語っています。「”Boys Talk” は、男らしさに圧倒されるという、非常にティーンらしい、非常にゲイらしい感覚を追い求めています。男らしさを嫌ったり、欲しがったり、失敗したり、友達や先生、気になるけどどうやって話しかけたらいいかわからない他人の中に男らしさを見出したり。男の子たちは、混乱していて、欲しがっている観客である以上に、自分にはほとんど共通点がないように感じます。楽しいけれど、とても個人的な曲でもあるんだ」と語っています。

“Boys Talk” のビジュアルは、Tyler Nelsonの監督によるもので、シャツを着ていない男たちがラインダンスをしている中で、Rentboyが曲を演奏しています。