Parquet Courts – “Black Widow Spider”

ニューアルバム ‘Sympathy for Life‘ の発売を控えた Parquet Courtsが、”Black Widow Spider” という曲で新たなプレビューを提供しました。

最新のシングルでは、Andrew Savage(アンドリュー・サヴェージ)が壊滅的な失恋を経験した人の視点で歌っています。”I’m trying to forget about someone I love,” “I’m trying to leave a person behind.” と歌っています。そこで、毒蜘蛛による死という斬新な解決策が導き出されます。”Climb, climb, climb into me black widow spider” と彼は叫ぶ。

「プロデューサーの Rodaidh McDonald(ロダイド・マクドナルド)には、Canと Canned HeatとThis Heatを足したようなサウンドにしたいと伝えました。彼はそれをとても気に入っていて、おそらくこのような奇妙な挑戦をすることに喜びを感じていたのでしょう」と述べています。

この曲には、Shayne Ehmanが監督したクレイメーションのミュージックビデオがついています。このビデオでは、ガンビーのような人物が曲を演奏しています。また、ベレー帽をかぶったアーティストが、失った人の幻影に苦しめられている様子も描かれています。


created by Rinker
¥250 (2021/10/19 04:26:53時点 Amazon調べ-詳細)