Oliver Patrice Weder – “Rainbow Fish”

65 views

シカゴの4人組 Stuckは、EP ‘Content That Makes You Feel Good‘ で、悲惨な状況を思い起こさせ、そのことであなたを激怒させたいと考えています。デビュー・フルレングスの ‘Change Is Bad’ に続いて、バンドは近年の社会不安を掘り下げるような曲を書き続けています。デビュー作では、個人的な悲しみや精神的な崩壊を抽象的に表現していましたが、最新作では、文化的な欠陥や制度的な問題を取り上げ、前向きに取り組んでいます。’Content That Makes You Feel Good’ は、この国の多くを悩ませている落とし穴を嘆いているため、非常に皮肉なタイトルとなっていますが、そこには楽観的な見方も含まれています。アメリカが(多くの人にとってうまくいかなかった)昔の正常な状態に戻りつつある中で、このEPは、昨年世間の意識の中心に据えられたすべての不公平や不公正に目を向けようという呼びかけであり、それはニューシングルとビデオ「City of Police」で強調されています。