Hovvdy – “True Love”

Charlie Martin(チャーリー・マーティン)と Will Taylor(ウィル・テイラー)によるオースティンのインディー・フォーク・デュオが ‘True Love‘ で Grand Juryからデビュー。2020年冬にLAで Andrew Sarlo(Big Thief、Bon Iverなど)とレコーディングしました。このアルバムは、成長とノスタルジーをテーマにしています。バンドメンバーは2人とも結婚し、一人には子供ができました。彼らはバンドから離れて個人的に活動していますが、デュオとして最も創造的な瞬間に落ち着いています。

「Hovvdyのアルバムにはいつも、自分のシステムに衝撃を与えてくれるような、全く新しいインスピレーションを与えてくれるような曲があるんだ。この曲は、私にとって間違いなくそのような曲でした」とチャーリーは語ります。「この曲を書いているときは、興奮して、正直なところたくさん泣いたことを覚えています。愛情や感謝の気持ちを伝えるのは、本当に心から気持ちがいいものです。しかし、愛に値すると感じることは難しく、とても稀なことであり、私たちにできることはそれに応えようとすることだけです。」

“True Love” は、まさにこのアルバムの重要なテーマとなっています。アップビートで即効性があり、爽やかで刺激的な雰囲気の曲です。アコースティック・ギターのメロディーが万華鏡のようなプロダクションを支え、マーティンとテイラーのヴォーカル・ハーモニーが、心に染み入るような心地よい歌詞のテーマを強調しています。また、マーティンとテイラーのゴージャスなヴォーカル・ハーモニーが、心に染み入るような快適な歌詞を強調しています。

「”True Love” は、回復力と、大局的には困難であっても、小さな瞬間に感謝することがテーマです」とウィルは言います。「曲とレコードの雰囲気に任せたことを誇りに思っています。沈んだ雰囲気の中でも、音楽の背後にある喜びが感じられ、それが私にとって特別なものになっています」と語っています。

Adam Alonzo & Zach Taylor が監督したタイトル曲のビデオが公開されました。