Bad Bad Hats – “Detroit Basketball”

57 views

ミネアポリスのインディー・ロック・トリオ、Bad Bad Hatsは、Don Giovanni Recordsと契約し、ニュー・アルバム ‘Walkman‘ をリリースします。ソングライターの Kerry Alexander(ケリー・アレキサンダー)(ギター/ボーカル)は、喜びと独特のユーモアのセンスを一語一語に吹き込みながら、個人的なストーリーテリングとウィットを重層的な歌詞に盛り込み、バンドメンバーの Chris Hoge(クリス・ホーゲ)(ベース)と Con Davison(コン・デイヴィソン)(ドラム)とともに、弾むようなギターラインと感染性の高いメロディーを奏でています。

甘さと酸っぱさのバランスが特徴的なこのトリオの音楽は、90年代のロックのシンプルさやポップパンクの軽快さを取り入れた、クラシックなポップソングライティングに敬意を表しています。リード・シングルの “Detroit Basketball” は、バンドの不条理な視点を最大限の誠意をもって表現した魅力的なビデオとともに提供され、彼らは勇敢にもスポットライトを浴びることになります。この曲のタイトルは、ピストンのファンの間では、試合の夜にリトル・シーザーズ・アリーナを埋め尽くすコール・アンド・レスポンス・チャントとして知られていますが、このシンプルなフレーズがケリーの頭の中に残り、この焼け付くようなパワーポップ・トラックのインスピレーションとなったのです。