Hippo Campus – “Semi Pro”

127 views

Hippo Campusの ‘LP3‘ からの新曲である “Semi Pro” は、構成や主な楽器の使い方に90年代のスタイルが見られます。コーラスのない曲で、散文のような歌詞とジェイク・ルッペンの声が小さく響いています。一方、音楽の面では、ドラムとベースの2つの要素が際立っています。パーカッションでは、ドラムが曲のリズムを運び、それを持続させ、ベースは最終的にリスナーとのつながりを作ります。

同時に公開されたフィリップ・スーリエール監督による公式ビデオでは、野球チームのスター選手であるルッペンが、ヒットよりもストライクが多いパフォーマンスをするなど、最高の状態ではないことが描かれています。最後には、この曲にあるように、プレイヤーは悩むことをやめ、自分に厳しすぎるのではないかと気づくのです。