Hater – “Bad Luck”

昨年、北欧の4人組 Hater はツアーをキャンセルした後、ニューシングル “Sift” で戻ってきた。それは “It’s A Mess” や “Four Tries Down” といった2019年のシングルに続き、2018年の ‘Siesta’ に続くものでした。本日、彼らは今年最初のシングルで、ほろ苦いインディー・ロック・バラード “Bad Luck” を携えて戻ってきました。

“Bad Luck” は、うまくいかなかった物事を4分間かけて検証したもので、その運を非常に個人的に検証しています。内向的な人が再び生きることを学び、人間関係がどのように機能するか、その中でどのようにコミュニケーションをとるかを理解し、新しい時代に向けて再認識するというストーリーです。Caroline Landahl(キャロライン・ランダール)は次のように語っています。

「この曲は、自分と初対面の人との間にある、ある種の社会的なぎこちなさをテーマにしています。状況を読み取れずに取り残されたように感じたり、必要以上に知りたくないと思ったり。]

“Bad Luck” は、不安と曖昧さに満ちています。キャロラインのもろさのある語り口が鋭くなるにつれ、豪華なエーテルのジグソーパズルが構築され、最後には、1000本のミックステープに収録される運命にある、痛々しいロマンチシズムの作品です。

今年の1月に録音された “Bad Luck” は、マルメにある彼のスタジオ「Sickan」で、John Cornfielがミックスとマスタリングを行い、Joakim Lindbergがプロデュースしました。

このリリースに合わせて、Haterは印象的なビデオを公開しました。マルメの パラジウム劇場で収録されたこのビデオは、Jacob Nilssonが監督、Benjamin Zadigが撮影しました。