Death Bells – “Intruder”

78 views

「”Intruder” では、ロサンゼルスの悲惨な神話に飛び込もうとしました。自分たちが住んでいるこの街の元気な過去を反映したサウンドを探しています」

ウィル・カニングとレミー・ヴェセリスのコラボレーションによる、シドニー経由のロサンゼルスの Death Bellsは、4月の “Live From Bombay” 以来となる、グラマラスで不吉なニューシングル “Intruder” を Dais Recordsからリリースしました。この曲では、カニングの絶妙なバリトンが完璧に表現されており、ヴェセリスが提供するキネティックなサウンドを背景に、心に響く歌詞が描かれています。

拍子がおかしい。
王は息子を失った
そして私は消えてしまった
これらのことは一人で残された。
街でも家でも
取り返しのつかないことになる
その言葉は耳に入らない
彼らが望んでいたことだ
いずれにせよ
この世界は不条理だ。
でも、少なくとも私たちは逃げ場がある
隠すことはできないようだ。
我々は分裂している。
隠すことはできないようだ
私たちは水ぶくれと火傷をする
太陽の下で
リターンはない
諦めることはできない
私たちは、水ぶくれや火傷をしながら
太陽の下で
リターンはない
譲れない
すべてが停滞する。
コントロールの重さで
それはあなたのせいではない
これには目的がある
最終的には至福の時を迎えます。
私を信じて
隠すことはできない
私たちは分断されています
隠せそうにもありません
私たちは水ぶくれと火傷をする
この太陽の下で。
リターンはない,
諦めることはできない
私たちは、水ぶくれや火傷をしながら
太陽の下で
リターンはない,
諦めることはできない

created by Rinker
¥250 (2021/11/29 00:01:34時点 Amazon調べ-詳細)