Skirts – Great Big Wild Oak

ARTIST : Skirts
TITLE : Great Big Wild Oak
LABEL : Double Double Whammy
RELEASE : 7/30/2021
GENRE : indiefolk, indierock, ssw
LOCATION : Dallas, Texas

TRACKLISTING :
1.Back Out
2.Always
3.Easy
4.Dayspell
5.Remember
6.Swim
7.True
8.Oak
9.Sapling
10.Annie

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , ,

南西部のフォークロックと現代的なパーカッションを融合させ、テキサスのイメージと突き刺さるようなギターリリックで彩られた、ソングライター Skirts こと アレックス・モンテネグロ(Alex Montenegro) のデビューフルアルバムです。’Great Big Wild Oak’ と題されたこのアルバムは、印象的なアレンジと温かみのあるヴォーカルによって、モンテネグロの記憶を音で描いた10曲のフレンドリーな作品です。

ダラスで育ったモンテネグロは音楽に囲まれて育ち、父親からレコードに針を刺す方法を教えてくれたという記憶がある。モンテネグロは、レコード店で働きながら、テキサスで急成長しているインディー・ロック・コミュニティを発見し、自分の好みを確立していきました。カセット4トラックに録音した曲を集めたEP ‘Almost Touching’ をリリースした後、LVL UP、Snail Mail、Spencer Radcliffe(クロージング曲 “Annie” でボーカルを担当)などとツアーを行いました。ライブバンドのメンバーや友人である ヴィンセント・ブイ(Vincent Bui)とジョシュア・ルトゥル(Joshua Luttrull)を起用したモンテネグロは、’Great Big Wild Oak’ の成長のためにデモを分解してスペースを作りました。

‘Great Big Wild Oak’ はダラスの自宅スタジオで録音され、忘れ去られていたデモ曲が復活したり、他の曲がカットされたりしたため、モンテネグロは「フランケンシュタイン・アルバム」だったと振り返る。このアルバムは、木琴、ペダルスチール、バンジョー、クラリネットなど、膨大な数の楽器が互いに影響し合うことなく、オープンなアプローチで制作されています。

南部の子守唄を彷彿とさせる3曲目の “Easy” は、クラシックなフォークと独創的なパーカッションの融合があり、このアルバムの象徴です。サックスとフルートの流れるようなレイヤーの中で、モンテネグロは「パパはロデオ、あなたは彼のような存在、あなたはワイルドファイヤー、あなたはいつの日か出て行く」と歌います。Skirts の強いイメージとリリックのコツは、アルバム全体に貫かれており、それぞれの曲が古いフィルム写真を手にしたような感覚を与えてくれます。

“Swim”は、5回以上録り直したピアノ曲で、最終的にはモンテネグロのお気に入りとなりました。この曲は、モンテネグロがため息のように切々と歌う(「サケが上流に向かって泳げるなら、私も泳げるようになるわ」)という、10代の頃から心に残っている歌詞を反映している。

‘Great Big Wild Oak’ の中でも最も尖った曲である “True” は、モンテネグロのピアノとギターの弾き語りで始まり、南部風のリズムとパーカッションが織りなすダイナミックな音の世界へと突入する。モンテネグロのノスタルジアに満ちた曲には大きな安心感がありますが、’Great Big Wild Oak’ では、インストゥルメンタルの間奏曲や、歪んでいながらも優しい瞬間が散りばめられています。

テキサスでアンダーグラウンドなファンベースを築いた Skirts は、’Great Big Wild Oak’ を使って、バンドの特徴的なサウンドを初めて発展させた作品を作りました。最後のトラック “Annie” は、ハーモニーとリバース・ギター・ワークの対話でアルバムを締めくくり、フル・ロック・アレンジから離れて、Skirts の曲に期待される具体的な暖かさと親密さを1分間だけ堪能することができます。’Great Big Wild Oak’ をディスコグラフィーに加えたばかりの Skarts は、真摯に流れに逆らって泳ぐ準備をしている。

created by Rinker
¥1,600 (2021/09/21 10:04:33時点 Amazon調べ-詳細)