Piroshka – Love Drips & Gathers

ARTIST : Piroshka
TITLE : Love Drips & Gathers
LABEL : Bella Union
RELEASE : 7/23/2021
GENRE : indierock, shoegaze
LOCATION : London, UK

TRACKLISTING :
1.Hastings
2.The Knife Thrower’s Daughter
3.Scratching At The Lid
4.Loveable
5.VO
6.Wanderlust
7.Echo Loco
8.Familiar
9.We Told You

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , ,

Miki Berenyi (Lush)、KJ McKillop (Moose)、Mick Conroy (Modern English) そして Justin Welch (Elastica) で結成されたバンド Piroshka が、セカンド・アルバム ‘Love Drips & Gathers’ を、Bella Union からリリース。

2018年に登場した Piroshka は、音楽的なアイデンティティーを持つ4人の個人でありながら、重なり合う歴史を持っています。この組み合わせは、バンドによっては不安になったり、圧倒されたりするかもしれません。しかし、彼らの場合、その絆は強くなる一方でした。’Brickbat’ では、社会的・政治的な対立を、MOJO誌が「力強くてドライビングなガレージ・ソングとドリーム・ポップのエピック」と評したように探求してきましたが、’Love Drips And Gathers’ では、より内省的な路線を辿り、恋人、親、子、友人としての私たちを結びつける絆を、エネルギーとドラマを楽しみながらも、適度に繊細で、よりエメラルドなサウンドで表現しています。

「’Brickbat’ が私たちのブリットポップ・アルバムだとしたら、’Love Drips And Gathers’ はシューゲイザーです!」と、元Lushのボーカリスト/ギタリストであるミキ・ベレニー(Miki Berenyi)は言います。「これは意図的なものではなく、ただ違う焦点を当てたかったのです。私はいつも、デビューアルバムはバンドの最初の瞬間、つまり勢いのあるときを捉えたものであり、セカンドアルバムはより思慮深いアプローチをするチャンスであると考えています。」

ベーシストのミック・コンロイ(Modern English)も同じ意見です。「’Brickbat’ は典型的なファースト・アルバムで、騒々しくて騒々しかった。’Love Drips And Gathers’ では、落ち着いて、音と空間を探求しているんだ」

要約すると、ミキと KJ ‘Moose’ マキロップ がカップルになる前(そして親になる前)、彼らはロンドンを中心とした90年代のインディー・シーンで重要な役割を果たしていました。同様に、Elastica のドラマー、ジャスティン・ウェルチ(Justin Welch)は2017年の Lush の再結成に参加しており、ミックは Moose と Lush の最後のギグで演奏していました。

Lush Mark II が終了すると、ジャスティンはミキ(1997年にLushが最初に解散したときに音楽を放棄していた)に別のバンド Piroshka を始めるよう説得し、それがムース自身の長い間眠っていた野心を再燃させることになった。ジャスティンとミキが ‘Brickbat’ に大きな影響を与えた一方で、今回はムースとミックが Bella Union の社内エンジニアであるイギーの貴重な支援を受けて、プロダクションをよりコントロールすることになりました。

‘Love Drips And Gathers’ の形とダイナミズムの変化は、90年代のブリット・インディの再現というよりも、輝くエレクトロニック・フィリグリーを備えた、より震えるようなユーロ・マンティックなバージョンへと変化しています。冒頭の “Hastings” がトーンを決めています。ドラム、ベース、そしてメロトロンがペースを上げ、装飾的なコーダでは彼らの古い友人であるテリー・エドワーズがフリューゲルホルンで登場します。

メロトロン、チェロ、ピアノで囲まれている “The Knife-Thrower’s Daughter” は、Piroshka がドラマの本質を失うことなく、抑制の効いた演奏ができることを力強く証明している。「幽玄」や「煌びやか」という言葉は、きっと “Loveable” のような曲のために発明されたのでしょうが、”V.O.” の不思議なDNAは、あまり分類できません。”Wanderlust” と “Echoloco”は、Lushのフランコファンの従兄弟と言えるかもしれません。そして、”Familiar” の心に残る子守唄から、脈打つように波打つインストゥルメンタルのフィナーレ “We Told You” へと続きます。

ディラン・トマスの詩の一節から名付けられた ‘Love Drips And Gathers’ は、愛、家族、帰属意識、記憶からインスピレーションを受けています。ミキとムースが8つの歌詞を分担していますが、ここでも痛烈なオーバーラップがあります。ミキの “Loveable” はムースを、ムースの “The Knife-Thrower’s Daughter” はミキだけでなく、二人の娘ステラと彼の妹アンナを歌っています。

ムースは家族の中で、亡き母(牧歌的な子供時代の海辺の旅 “Hastings 1973″)と父(葛藤の多い “Scratching At The Lid”)で追悼している。”V.O.” では、ミキは2019年12月に急逝した4ADの伝説的な社内アートディレクターで、レーベル時代にLushと特に親密な関係を築いていたヴォーン・オリバーに好意的なトリビュートを捧げている(”Brickbat” 同様、”Love Drips And Gathers” の美しく謎めいたアートワークは、ヴォーンの元デザインパートナーであるクリス・ビッグによるものだ)。

‘Love Drips And Gathers’ の9曲にはそれぞれビデオが用意されており(すべてコナー・キングスレーが制作)、連続したストーリーが最終的に一つの物語を作り上げることになっています。Piroshka 自身の物語は、家族に根ざしています。生まれながらにして持っている家族と、自分で選んだ家族(友人)の両方です。

created by Rinker
¥1,600 (2021/06/25 01:03:27時点 Amazon調べ-詳細)