TJO – Dispatches from the Drift

ARTIST : TJO
TITLE : Dispatches from the Drift
LABEL : Orindal Records
RELEASE : 7/23/2021
GENRE : ambient, folk, experimental
LOCATION :

TRACKLISTING :
1.A Sunday 2020
2.Heavy Tremolo
3.Pump Sounding
4.Phaser Secret
5.Long Key
6.Wind with Dog
7.Ventura Tuesday
8.Preparing for Brigit
9.Hurdy Short
10.It’s Been a Long Time
11.Sunday Preamble

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , ,

Orindal Records は、TJO(Tara Jane O’Neil)が自宅で録音したソロシンセサイザーの即興演奏を収録したニューアルバム ‘Dispatches from the Drift’ をリリースします。オープニングのボーカル曲 “A Sunday 2020” とエンディングのインストゥルメンタル曲 “Sunday Preambl” まで ‘Dispatches from the Drift’ は、まるで一連のプライベートな瞑想曲のようであり、個人的な探求という純粋で楽しい目的のために作られた音楽です。Matt Bachmann によって丁寧にマスタリングされた ‘Dispatches from the Drift’ は、サイケデリックなサウンド・ダイアリーであり、63分間に渡って変化するテクスチャーとムードの中を穏やかに、そしてメロディックに進んでいきます。

TJOが説明します。

「私は通常、ボイスメモやコンピュータプログラムを使ってアイデアをキャッチし、本当に厄介なものを解決します。これらの作品は、録音ボタンを押す余裕があったときに、iPhoneやモニター用のコンピュータプログラムで録音したものです。しかし、すぐに忘れてしまいます。これらの作品は、再検討される可能性のあるアイデアのスケッチではなく、これらの音は形を探しているわけでも、知られようとしているわけでもありません。これらは完全な旅の作品であり、解決したり、単に終わったりするものである。2020年という悲惨で地震の多い年の終わりに、私は携帯電話やハードディスクの中にあるこれらの即興曲を見つけました。私は、曲を作るという普通の錬金術的なプロセスを通して、何か別のものにするために使える典型的なインスピレーションの断片を探していました。」

「私は自分自身に何かいたずらをしたのでしょうか?閉鎖されていた間、あまり音楽を作っていなかったと思っていた。パンデミックの間、インスピレーションや生産性を高めなければならないと思い込んでいたこと。このような状況下では、これまでの経験や職業が有効であると考えていました。これらの録音は、その流れに乗ってしまったものです。流れの中で、何も考えずにやったことの一部です。」

「19歳の時以来、ライヴをしない、レコードを作らないというのは、本当に困惑することですが、このことで悩んでいる間に、またしても自分に仕掛けがあるのです。音楽は永遠のものです。音楽には会場も契約も必要ありません。音楽で遊べることは何よりの贈り物であり、それが2020年にもあることは何よりの贈り物です。これらのレコーディングの機会に、私はただ遊びのために音楽で遊んでいました。叙情性や意図はなく、音の蛇行や反復をキーボードで表現したものです。ただし、”A Sunday 2020″ とその前文は例外です。この曲は、他の曲と同様に、キーボードと言葉のないボーカルが即興で作られているので、ここに収録するための一定の基準を満たしています。しかしこの曲では、メロディの形成に昔から慣れ親しんだハンマーであるギターを使いました。」

「これらのファウンド・アンビエント・ピースは、物語性が感じられるように編集されておらず、共有を念頭に置いて作られたものでもありません。お好きなようにお使いください。」

‘Dispatches from the Drift’ は、Orindal の Unguided Meditation シリーズの第4弾で、アンビエント、ニューエイジ、インプロビゼーションのインストゥルメンタル作品を中心とした作品です。Unguided Meditation シリーズは、作曲家やリスナーに新しい表現の領域を提供しています。