Masayoshi Fujita – Bird Ambience

ARTIST : Masayoshi Fujita
TITLE : Bird Ambience
LABEL : Erased Tapes
RELEASE : 5/28/2021
GENRE : ambient, experimental
LOCATION : Berlin, Germany

TRACKLISTING :
1.Bird Ambience
2.Thunder
3.Anakreon
4.Cumulonimbus Dream
5.Gaia
6.Noise Marimba Tape
7.Morocco
8.Miyama No Kitsune
9.Nord Ambient
10.Stellar
11.Pons
12.Fabric

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , ,

ベルリンを拠点にする日本人プロデューサー、アンビエント、エキスペリメンタル・アーティスト Masayoshi Fujita の新作アルバム ‘Bird Ambience’ が、Erased Tapes からリリース。

‘Bird Ambience’ は、Fujita にとっていくつかの新鮮な変化をもたらします。これまで Fujita は、アコースティック・ソロ・レコーディング、El Fog 名義でのエレクトロニック・ダブ、Jan Jelinek などの同時代のアーティストとの実験的な即興演奏を別々に行ってきました。今回のアルバムでは、これらの異なる要素が初めて一つのビジョンに集約されています。また、彼の代表的な楽器であるヴィブラフォンは、高い評価を得た三部作 ‘Stories’(2012年)、’Apologues’(2015年)、’Book of Life’(2018年)の制作に使用されましたが、今回のアルバムでは、ドラム、パーカッション、シンセ、エフェクト、テープレコーダーと並んで、マリンバが中心的な役割を果たしています。

「マリンバの演奏方法はヴィブラフォンに似ているので、私にとっては自然な展開であり、始めやすかったのですが、サウンドは全く異なります」 と Masayoshi は説明します。「マリンバのバーは木でできていて、ビブラフォンよりも音域が広いので、音のパレットが広く、可能性が広がります。弓やマレットを使って演奏し、時にはエフェクトをかけて操作することもあります。」

‘Bird Ambience’ は、過去のソロ・リリースの綿密な準備から、即興演奏の新しい試みを意味しています。「私は、時折起こる魔法のような即興の瞬間に驚きを捉えることを優先しました。時にはマイクや楽器の配置が荒っぽく、完璧ではなく、すべてが迅速に行われましたが、最終的にはそれが録音されました。2つのテイクで迷ったときは、最初のテイクで行こうと自分に言い聞かせていました」と Masayoshi は振り返る。

カンソのような絶妙なバランスでアレンジされた ‘Bird Ambience’ は、淡々としたテンポで、ひとつひとつの音やフレーズをじっくりと味わうことができます。Midori Takada のミニマリズム、Mika Vainio のスタティックな雰囲気、To Rococo Rot のオーガニック、Minotaur Shock の牧歌的なエレクトロニクスなどの要素を含んだ、繊細でありながら情感豊かな作品です。Fujita は、現代音楽とクラシック、アンビエントと解体されたダブ、コントロールされたノイズとジャズの断片を、大気のような静的な霧の中に蒸発させ、それを巧みに新しい形に変換しています。