Gold Dust – Gold Dust

ARTIST : Gold Dust
TITLE : Gold Dust
LABEL :
RELEASE : 10/15/2021
GENRE : indiefolk, indierock, psychedelic
LOCATION : Easthampton, Massachusetts

TRACKLISTING :
1.Water Street, 2am
2.Oh Well
3.Cosmic Joke
4.Run Into Clouds
5.Cat Song
6.Anywhereing
7.All’s Well That Ends
8.Brookside Cemetery Blues
9.Maybe Tomorrow
10.The Shortest Path
11.Small Song

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , ,

Gold Dustのデビューアルバムは、Kindlingと Amperの Stephen Pierce(スティーブン・ピアース)による初のソロ作品で、個人的にも音楽的にも、発見に深く根ざしています。このアルバムは、ドリーミーなフォークロックと家庭的なサイケデリアが融合したもので、慣れ親しんだ場所で新しいものを見つけるという普遍的な体験を称えています。

Gold Dustの起源は、この探究心と結びついています。Ampereの激しいハードコアから Kindlingのそびえ立つシューゲイザーまで、ピアースの作品の多くは、歪んでいてラウドなサウンドで成功を収めていますが、この事実は彼のフォークロックへの情熱を裏切るものかもしれません。マサチューセッツ州イーザンプトンを拠点とする彼は、「サイケ・ロックとフォーク・ロックは、私がパンク・ミュージックから初めて遠回りしたものでした」と説明します。「探せばこんなにもたくさんのものがあるのかと、いつも驚かされます。私は20年近くこの “深み” にはまっていますが、いまだに私のドアを吹き飛ばすようなレコードを見つけることができます」。このジャンルに対するピアースの関心は、はっぴいえんどのような日本の影響力のあるグループから、イギリスのカルトヒーローである Richard and Linda Thompsonまで、また、Gary Higgins and Hill Andonのような一般誌では知られていないアーティストから、The Byrds や The Grateful Deadのような伝説的なアーティストまで、世界中に及んでいます。彼の探求心は尽きることがなく、60年代、70年代の世界のサイケ、フォークロックをカタログ化した本を作っているほどである。

ピアースは、このジャンルに没頭するうちに、自分の音楽をボリューム中心のコンフォートゾーンから脱却させたいと思うようになった。「私は、ジョニー・ラモーンやケヴィン・シールズのギターを学んで育ちました。そのような演奏は大好きですが、多くのフォーク・ミュージックで使われているものとは全く異なる技術です」とピアースは言います。「アコースティック・ギターの演奏にはとても感銘を受けましたが、どうやって演奏すればいいのかよくわかりませんでした。そこで、ギターを学び直すことにしました。彼は独学でフィンガーピックを学び、慣れない方法でギターを弾くようになりました。そして、新しいテクニックによって新しい曲が生まれたのです」’Gold Dust’ のレコードが形になり始めた頃、ピアースは自宅で少しずつ曲を録音し始めました。「文字通り自分だけのものを作るというのは大変なことだ」と彼は言います。「煙や鏡がたくさんあるわけではありません。私はレコーディングの技術にあまり精通していないので、アイデアから曲になるまでの過程を記録するための実用的なものとしてアプローチしました」。彼は最終的にエンジニアの Justin Pizzoferrato (Dinosaur Jr, The Pixies, Speedy Ortiz)と曲を共有しました。彼のミキシングとマスタリングにより、手作りの魅力を失うことなく、ピアースの録音の暖かさと深みが引き出されました。

その結果、このアルバムは、片足をアーシーフォークの苔の中に置き、片足を異世界のサイケな雲の中に踏み出したようなものになりました。’Gold Dust’ は、みずみずしい “Water St, 2am” で幕を開け、”Oh Well” では、曲がりくねったギターと重ねられたボーカルが混ざり合った、ぼんやりとした魅力的な曲で、ピアースの実存的な叙情に対する会話のようなアプローチを紹介しています。「私の目的は、正直なレコードを作ることでした。私の考える正直さの一部は、空虚な世界をまっすぐに見つめ、それを報告することです」と彼は説明します。「この1年半の間、私たちは明らかに落ち込んでいて、それがこのアルバムの多くの部分に影響を与えています。でも、明るい兆しの一つは、同じ集団的な落ち込みを経験することで得られる、奇妙で荒涼とした仲間意識だと思っています。私たちは、この問題を一緒に乗り越えようとすることで、奇妙な形で一つになり、それが新しい種類の思いやりや理解をもたらしたのかもしれません。’Gold Dust’ は孤独の中で書かれ、録音されたかもしれませんが、アルバムの多くは自分の周りの世界とのつながりを扱っています」”BROOKSIDE CEMETERY BLUES” や “ALL’S WELL THAT ENDS” は、まるで J Spacemanが Crazy Horseを伴奏しているかのようなサウンドで、傑出したトラック “RUN INTO CLUDS” は、このアルバム全体に通じるドローンのような親密なサイケデリアを強調しています。後者では、ピアースは現実への流動的な執着を語っています。「この世のものだと感じる日もあれば、完全に切り離されたものだと感じる日もあります」と彼は言います。

60年代、70年代のフォークロックに対するピアースの強迫観念的な知識と愛情に根ざしながらも、Gold Dustのデビュー作は、明らかに独自のアイデンティティを持っています。パンクやシューゲイザーのバックグラウンドを持つミュージシャンは、ジャンルの慣習を曲げ、同時にそれらに敬意を払うことで、余裕のある雰囲気を持つDIY的な直接的さをもたらしています。「私にとって、本当に超越的なものの多くは、長いフォークの伝統に根ざしていますが、他の要素も取り入れています」と彼は説明します。「歴史にとらわれすぎてはいけないのです」。そのため、’Gold Dust’ は、様々な影響を受けたサウンドの中を満足げに歩いているように感じられます。ピアースは、自分が好きになったサウンドをじっくりと堪能しながら、前進しているのです。結局のところ、常に何か新しいものを発見することができるのです」