Dinner – Dream Work

ARTIST : Dinner
TITLE : Dream Work
LABEL : Captured Tracks
RELEASE : 10/22/2021
GENRE : indiepop, ambient
LOCATION : Denmark

TRACKLISTING :
1.Midnight In My Head (ft. Charlie Hilton)
2.How We Talk
3.Big Empty Sky (ft. Lina Tullgren)
4.Like You Said (ft. Charlie Hilton)
5.Anima
6.Connection (ft. Molly Burch)
7.Spirit Voices
8.Grateful (Best Shit)
9.Born Again
10.Drøm

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , ,

アンビエント・ミュージックやメディテーション・ミュージックを探求するために4年間活動を休止していたデンマークのマルチ・インストゥルメンタリスト、Anders Rhedin(アンダース・レディン)が、自身のインディー・ルーツに戻ってきました。DINNERとしての3枚目のアルバム ‘Dream Work’ は、シンセとギターを駆使したインディーポップの豊かなコレクションで、坂本龍一、初期のブリティッシュ・インディー、そして水の音を巧みに取り入れています。

多くの価値ある追求がそうであるように、’Dream Work’ にたどり着くまでの道のりは、決して平坦ではありませんでした。レディンは、20代を母国コペンハーゲンのバンド(Choir of Young Believersというインディーポップグループを含む)で過ごした後、ポップソング制作のためにLAに移住しましたが、彼はこの事業を「大失敗だった」と思っています。レディンは、ベルリン、LA、コペンハーゲンを行き来しながら、自分のソロ曲を収録したカセットテープを自主制作しました。彼の不遜なシンセベースのアバンポップは注目を集めるには十分で、2014年にレディンはCaptured Tracksと契約し、LAにフルタイムで移住し、’Three EPs’(2015年)、’Psychic Lovers’(2016年)、’New Work’(2017年)などの一連のフルレングスプロジェクトをリリースしました。この期間には、Mac Demarco、Sean Nicholas Savage、Prince Rama、King Gizzardなどと世界ツアーも行いました。

Dinnerの制作と並行して、レディンはもうひとつのスキルを磨いていました。それは、個人的に長年興味を持っていた瞑想やユングの技法をアンビエント制作やガイド付き瞑想に結びつけることでした。’New Work’ のリリース後、レディンは Dinnerプロジェクトから一度離れ、これらの道をより真剣に探求するために、コペンハーゲンに戻った。ここ数年は、瞑想や睡眠、リラクゼーションを目的としたアンビエント作品を、自身の名前でリリースしています。また、世界各地の美術館や教会、屋上などで、ガイド付きのサウンドバスや瞑想のライブを行っています。

その結果、レディンは、以前のスタイルを再現するのではなく、自分の作品を構成する2つの要素を統合することを目指して、新たな目で「Dinner」のプロジェクトに取り組みました。「私は彫刻家のように仕事をし、建築家のようには仕事をしていないと思います」と彼は言う。「曲ができるまで、ただアイデアを削ってきました。壮大なものを作ろうとしたわけではありません。自分が何をしたいのかわからなかったけど、アンビエントアルバムを作る前の Dinnerのサウンドには戻りたくないと思っていました。昔の Dinnerの音を裏返しにしたいという気持ちはありました。あの音の世界に入って、それを分解して再構築するんだ」 Dinnerのトレードマークであるエレクトロ・ポップと、彼のアンビエント作品の瞑想的で有機的な要素とのバランスがうまくとれています。

この微妙なバランスは、アルバム制作の現場を反映したものでもあります。レディンは、秋冬にコペンハーゲンで、ほとんど夜にレコーディングを行いました。「オフタイムに小さなスタジオを借りました。時間外に小さなスタジオを借りたので、夜はそこに座っていることが多かったです。誰もいない通りを歩いてインスピレーションを得て、コーヒーを飲みながら仕事をしていました。夜の世界には美しいものがあります。すべてが静かなのです」”Spirit Voices” のメランコリーなアコースティックギターとダウンテンポなシンセサイザーのメロディーから、”Connection” の幽玄なリフレインまで、レディンのポップなソングライティングは、ダークでドリーミーなテクスチャーで洗われています。これらのテクスチャーは、Stereolabのようなエレクトリック・ギター “Anima” から煌びやかなシンセ・ポップ “Midnight In My Head”、そして流動的なアンビエント “Drøm” まで、わずか34分間の間にディナーが楽々と浮遊するという、広範囲に及ぶコレクションにまとまりを与えています。レーベルメイトの Molly Burch、Charlie Hilton、Lina Tullgren、Nicolai Kochが参加していることも、このクオリティを高めています。レディン自身と同じように、’Dream Work’ は、その場に留まっていても旅をしているような感覚になります。

エジプト神話、ジャパニーズ・アンビエント、そして最近第一子を出産したばかりの父親の経験など、彼が影響を受けたものは多岐にわたりますが、レディンは意図的なものにはあまり興味がありません。「アンビエントの好きなところは、実用的であるということです。….、作家としての “私”や私の人生の物語ではありません。それは、リスナーの経験のためです。そして、私たちはその空間で何らかの形で出会うのです。私たちはその空間で一緒に過ごすのです」 音や歌詞の要素よりも、この精神が ‘Dream Work’ とこれまでの Dinnerのカタログとの間の最も明確な目印になっていると思います。静まり返ったプールのように、私たちは自分自身を見通すことによってのみ、その深みを垣間見ることができるのです。

created by Rinker
¥1,600 (2021/12/06 06:17:14時点 Amazon調べ-詳細)