Deep Throat Choir – In Order To Know You

ARTIST : Deep Throat Choir
TITLE : In Order To Know You
LABEL : Bella Union
RELEASE : 12/3/2021
GENRE : folk, choir
LOCATION : London, UK

TRACKLISTING :
1.Alchemilla
2.Firefly
3.Picturing
4.Uvas
5.Lighter
6.Tremelo Train
7.Patience
8.Camille
9.In Order To Know You
10.Unstitching
11.Field Of Not Knowing

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , ,

「I’m reeling, I’m restless」と Deep Throat Choirはセカンドアルバムの冒頭で歌っています。この落ち着きのなさは、Landshapesのメンバーである Luisa Gersteinによって設立された、イーストロンドンの女性および非バイナリーのボーカル集団による、とてつもなく豊かなオリジナル曲のセットに現れています。Bella Unionからリリースされる ‘In Order to Know You’ は、2つの核となる美徳によって、新鮮で広大な範囲を多層的に主張しています。それは、一体感の中にある強さの感覚と、シンガーたちの個人的な経験をオープンに受け入れ、集団的で支持的なヴォーカル表現によって共有することです。

2017年に発表したカバー曲中心のデビューアルバム ‘Be OK’ の後、クワイアは進化の必要性を認識しました。「5年以上一緒に歌ってきて、ほとんどがカバーのアルバムをリリースしたことで、自分たちの音楽を一緒に作ることが論理的な次のステップだと感じました」とガースタインは言います。「このアルバムは、クワイアを構成するすべての声と奏者の錬金術であり、音楽とアイデアを書き、共有する共同作業のプロセスです。音源的には、声とパーカッションだけではなく、アコースティック楽器やエレクトロニクスを使ってどんな豊かさがもたらされるかを見てみたかったし、カバー曲を歌うクワイアから、たくさんのボーカリストを擁するバンドへと移行したかったのです」

その成果は、多年草にちなんで名付けられた “Alchemilla” を聴けば一目瞭然です。脆弱さの中にある強さの証しであるこの曲は、冷たい波のように「浮かんでは流れ」る陽気なハーモニーの中で、感情に対するオープンさを称えています。Heloise Tunstall-Behrens、Alice Freedman、Holly Turnbullの3人が言葉を添えたこの曲は、マーゲートでのジャムセッションと男性らしさについての会話から生まれました。ジャジーな “Firefly” では、Sarah Parkesのサックスが、感情がこもった曲に風味を添えています。”Picturing” は、困難な状況に直面したときの粘り強さを絹糸のように紡いだ曲で、”Uvas” では、力強い声とフォーク調のギターが、合唱団の個人的な経験の深さを物語る歌詞を縁取っています。

「この曲は私の母のことを歌っています」とGersteinは言います。「コロンビアでは、お正月に12粒のブドウ(Uvas)を食べて12の決意をするんです。私は、遠く離れた場所に引っ越して旅をするという彼女の決意と、彼女が私に伝えてくれたと感じる決意と飢えについて考えていました。これは、自分より前の世代を振り返り、それらの歴史を貫く共通の糸を見つけること、そして、海の上の船や土の中のエメラルド(初期のコンキスタドールが先住民とガラスとエメラルドを交換した)のような、タペストリーの一部であるすべての大きな歴史を見つけることです」

転がるようなピアノが印象的な “Lighter” は、Sun Raの影響を受けた曲で、お互いのつながりから得られるサポートを支持しています。一方、ゴージャスな雰囲気の “Patience” は、個々の歌手の経験が合唱団の中で形を変え、全員で共有できるものになることを示しています。”Patience” は、母の葬儀への弔辞のようなものとして書きました。「私にとって音楽は、悲しみと人生への賛美が入り混じった混乱した感情を表現するための簡単な方法でした。その数ヶ月後にディープスロートに参加したのですが、聖歌隊の空間は、歌と集団性によって深い感動をもたらしてくれました。ルイーザがセカンドアルバムのために作曲して集め始めたとき、曲がそれらの声に支えられていることは何か自然なことのように感じられました。そうすることで、曲は新しいものに変化して共有され、一体となって存在する複数の物語となって生きていくことができるのです」

他にも、”Camille” の落ち着きのない揺れ動く表面は、Deep Throat Choirの形を変える可能性を強調しています。溢れんばかりの声と泡立つようなアレンジの間で、この曲は境界線とシンガーの間の境界線を曖昧にし、ビョークの影響から飛び出して、バンドの意思を表明しています。ガースタインは、科学とフェミニズムの教授であるドナ・ハラウェイの講義を聴きながら、ターニャ・オークレールと共同でこの曲の歌詞を書いたそうです。

そこから “In Order to Know You” は、タイトルトラックの献身的な吐息から、”Unstitching” の密やかでスモーキーなきらめきまで、地面に触れることなくクライマックスへと向かっていきます。エマ・クリーブの詩を歌詞にした崇高な “Field of Not Knowing” は、フォーク・ゴシック的なイメージ(月の光やピピストル)と、穏やかで高揚感のあるアレンジが織りなす鮮やかなタペストリーでアルバムを締めくくり、可能性に満ち溢れています。「私が始める場所です」とクワイアは歌っています。

Deep Throat Choirにとって、この作品は、これまでの旅の絶妙な集大成であると同時に、さらなる冒険への艶やかで絶妙な踏み台でもあります。彼らの旅は2013年に始まりました。このグループは、音楽を生の女性の声とドラムという基本的な要素に戻し、個人的な表現を尊重しながら変化させていく方法で一体化したいという願望から生まれました。

created by Rinker
¥1,800 (2022/01/22 05:13:54時点 Amazon調べ-詳細)