Toi Let – “Goat Burner”

98 views

“Goat Burner” は、クラウト・ロック・グランジ・サーフ・パワー・トリオのスラッカー・ボーイズ、Toi Letのクリスマス・シングルです。この曲は、Gävleの藁製のヤギを燃やすように観客を煽ります。地元での競争は、適度なジングルベルの入ったエンジン燃料のロックとしては、これほど素晴らしいものはない。Toi Letは、YAST、DÖDEN、Nightmenなどのマルメの有名バンドの出身で、去年の臨時EPで聞いたことがあるバンドだ。決して戻らない、決して消えない。ヤギを燃やせ!

OK、ボーイズ&ガールズ
皆さんにクリスマスキャロルをお届けしよう

では、なぜこのようなことが起こったのか、そしてどのように解決したのかを話そう
まず第一に、私は彼らのドヤ顔を見ることができない
彼らが持っているのは、愚かなヤギと上品な精神だけだ。
つまり、彼らは私たちの病院を奪ったが、私たちのプライドを奪うことはできないのだ。

私と彼らはビョルセイトラでかなりの量を飲んでいたが、ある勇敢な人が以前にすべてを試したことがあると話し始めた。
1869年、私たちはもう少しで夢が叶うところだった。
私たちは、なぜそれができないのか?なぜ今夜ではないのか?
そして、あの醜いヤギから始めよう!と。
私たちはガソリンとライターを持って、車に向かって歩き出した。
私は永遠に記憶されることになるだろう。
俺はゴートバーナーになるつもりだった

リックス80のことは全く覚えていないが、ついにヤギに近づいたとき、ガソリンを浴びせたんだ。
突然、青い光があちこちに見えてきて、俺は急いでいた。
このクソヤギを燃やしてしまえば、後はどうにでもなる。
私は火をつけてから出発しました。図書館の裏では、豚たちが私を捕まえたが、火を消すことはできなかった。
私の中の炎

私はゴートバーナー