Sally Decker – “The Loss”

Sally Decker は、「手放す」ことを学んできました。自身初となるニューアルバム ‘In The Tender Dream‘ を制作するにあたり、彼女はフィードバックを多用しましたが、これは彼女がコントロールできなくても構わないと学ぶためのツールでした。フィードバックシステムは、その性質上、扱いにくく予測不可能なものですが、時が経つにつれ、揺れ動く静寂や手に負えないドローンの中に共鳴と意味を見出すようになりました。これらのシステムを扱うことを学ぶことは、彼女が世界の中で動くことを学ぶ方法のメタファーとなりました。彼女は変化を受け入れる方法を理解し始め、激動する内面の風景の中で安定性を見出すことができました。

「未知の空間に身を置くことは、多くの意味で恐ろしいことでした」と Decker は説明します。「でも、重要なことだと感じました。しかし、それは重要なことのように感じられ、私はそれに惹かれました。」

アルバムのリリースに先駆け、Emily Chao が監督した “The Loss” のビデオクリップが公開されました。