Sally Decker – In The Tender Dream

ARTIST : Sally Decker
TITLE : In The Tender Dream
LABEL : NNA Tapes
RELEASE : 8/13/2021
GENRE : ambient, drone, experimental
LOCATION : Oakland, California

TRACKLISTING :
1.The Other Side
2.All Possible Realities
3.The Loss
4.Abode
5.In The Tender Dream
6.Affirmation (feat. Briana Marela)
7.Affirmation Pt. II (feat. Briana Marela & Emily Cardwell)
8.Stair
9.Endlessly
10.Seen

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , ,

Sally Decker は、「手放す」ことを学んできました。自身初となるニューアルバム ‘In The Tender Dream’ を制作するにあたり、彼女はフィードバックを多用しましたが、これは彼女がコントロールできなくても構わないと学ぶためのツールでした。フィードバックシステムは、その性質上、扱いにくく予測不可能なものですが、時が経つにつれ、揺れ動く静寂や手に負えないドローンの中に共鳴と意味を見出すようになりました。これらのシステムを扱うことを学ぶことは、彼女が世界の中で動くことを学ぶ方法のメタファーとなりました。彼女は変化を受け入れる方法を理解し始め、激動する内面の風景の中で安定性を見出すことができました。

「未知の空間に身を置くことは、多くの意味で恐ろしいことでした」と Decker は説明します。「でも、重要なことだと感じました。しかし、それは重要なことのように感じられ、私はそれに惹かれました。」

歪んだドローン、おしゃべりな詩、宇宙的なシンセワーク、穏やかなアンビエンスの中で、デッカーは混沌と秩序、混乱と休息の間を行ったり来たりしています。タイトル曲のような刺々しい点描画のような作品は、中心に位置する自信に満ちた “Affirmation” のようなより安らかな瞬間に取って代わられ、そのバランスはフィードバックに関するデッカーの気づきと呼応しています。これらの作品には嵐のような感情が込められていますが、耳を傾けることで平和も得られます。

‘In The Tender Dream’ のアイデアは、デッカーがミルズ大学に通うためにオークランドに引っ越してきたときに具体化しました。ミルズ大学の共同体的な性質に惹かれたこともあり、彼女は個人的にも芸術的にも成長した時期を過ごしました。師匠から実験と深い探求を求められた Decker は、フィードバックシステムへの道を見つけ、強烈に個人的な感覚でアートを作る新しい方法を見つけました。共依存の痛みを探り、自分自身の言葉で自分の価値を深く追求し、自分の最も親密な感情を処理するのに役立つ作品を作りました。

ある意味、’In the Tender Dream’ は、Multa Nox として制作した瞑想的なエレクトロニック作品など、Decker がこれまでに手がけてきた作品の延長線上にあります。2017年にNNA Tapesからリリースされた彼女のフルレングスのデビュー作 ‘Living Pearl’ は、それ自体が夢のような内的なレコードであり、彼女のゆっくりとした動きの音楽が持つ、活気に満ちたさまざまな感情の可能性を明らかにしました。’In the Tender Dream’ では、再び彼女がこの瞑想的な空間に生息していることがわかりますが、作品はより人間的で、より存在感のあるものに感じられます。「以前は、作品の中の感情の物語を追跡しようとしていましたが、今は、音そのものを彫刻する過程で、この感情をどのように解決するかということです。」

これは大きな変化でした。ミルズ大学では、パフォーマンスや即興演奏、電子音楽における生成システムの可能性について新たな理解を得たこともありますが、それに加えて、彼女が初めて人間の声を前面に押し出していることも理由の一つです。Decker は自分の声を曲の中に入れることはよくありますが、’In The Tender Dream’ には、レコードの感情的な内容をむき出しにした、一連のテキストサウンドの瞑想曲が収録されています。ヴォーカリストの Briana Marela と Emily Cardwell と協力して、彼女は移り変わる感情に顔を向け、フィードバックを多用した作曲の厚い霧の中から声を上げています。作家としてのバックグラウンドを活かし、多くの人が長い間、形をなさず、落ち着かないままの感情に言葉を与えました。フィードバックを抑制することは、それ自体が感情的な旅ですが、明晰なモノローグやアファメーションと相まって、’In The Tender Dream’ は、部屋の向こうの見知らぬ人と目を合わせ、息を吸い、深く見つめるような、無防備で強烈な印象を与えます。