Nicolas Michaux – “Amusement Park”

62 views

“Amusement Park” を書き始めたのは、Capitane Recordsの創設者である友人のGrégoire Mausのアパートでのことでした。
彼は立派なアップライトピアノを持っていて、リビングルームの片隅に堂々と立っている。その日は、グレゴワールと奥さんのシャンタルが出かけていて、私は一人でアパルトマンにいました。
マイナーなコードをいくつか弾いて即興で演奏していたら、頭の中にメロディーが浮かんできました。ふと見ると、ピアノの横には、グレゴリーの家族がノルウェーに滞在していたときに撮った休暇の写真がありました。このメロディーに合わせて、とてもシンプルな言葉を歌い始めたら、すぐに曲ができあがりました。「ノルウェーでの休暇は確かに楽しくて、私たちはしばらくの間、太陽を見つめていました」

私は、幸せなイメージと痛みを伴うイメージを並置することで、解体という長い作業に直面している美と愛のはかなさを表現しようとしました。今、人類学上の根本的な問題があります。人間は再び、行く手を阻むロボット以外の何かになることができるのか、私たちは種として、主に略奪と破壊に基づいた現在の私たちの世界とは異なる関係を育むことができるのか、ということです。
私たちは多かれ少なかれ、この曲が喚起する疑問に直面しているのではないでしょうか。私たちは皆、多かれ少なかれ、堕天使であり、檻の中を回る野生動物であり、ショッピングモールの駐車場をさまようギリシャ神話の神々です。


created by Rinker
¥250 (2021/10/19 04:23:55時点 Amazon調べ-詳細)