N0V3L – “Violent & Paranoid”

ビジュアルアーティストの DOOMBABYとバンクーバーのポストパンクバンド NOV3Lがコラボレーションし、最新シングル “Violent & Paranoid” のビデオを制作しました。この曲は、Flemish Eye/Meat Machineから発売中のフルレングス ‘Non-Fiction‘ に収録されています。この曲とビデオは、デジタル時代の闇にインスパイアされています。

このDIY作品は、広大なリーチと永続的なエコーチェンバーを持つ遍在するインターネットの時代に、オンライン環境で育まれた様々なイデオロギーの感染性を表現することを目的としています。一つの意見、陰謀、あるいは新しい運動は、一つのIPアドレスから始まり、サイバースペースで絶えず変化し、その変異した解釈が広まるにつれて、現実の世界に影響を与えるために交差することがこれまで以上に頻繁に起こるのです。このビデオでは、ペスト博士、カルトのイメージ、復活、そして「盲目の大衆」という意味で侮蔑的に使われることの多い「sheep」を意図的に使用することで、そのような様々なテーマを追求しています。復活した動物たちが登場するエンディングは、ドイツの寓話「ブレーメンの町の音楽隊」にヒントを得たもので、動物たちは「死よりも良いもの」を求めたいと願っているが、この作品では自由を得ることはなく、死後に初めて反抗することになる。羊や死んだ生き物を主人公にすることで、権力者に立ち向かおうとするときの敗北感、抑圧感、無力感を表現しています。

映像クリエイターのDOOMBABYさんは、絵画やドローイング、映画のプロップデザインなどの経験があります。映画業界で働いていた時に、業界特有のカスタマイズされた小道具やビジュアルアートを作ることを任されたことがきっかけで、ミニチュアセットの世界を探求し始め、初めてのストップモーション映画を完成させました。


created by Rinker
¥200 (2021/12/06 03:26:55時点 Amazon調べ-詳細)