Mac McCaughan – “Dawn Bends”

52 views

Mac McCaughan(マック・マッコーハン)は、Superchunkや Portastaticのフロントマンとしての音楽キャリアを通じて、自分の怒りや激しさをマイクにぶつけ、紛れもないロック・アンセムを生み出してきました。マコーハンが自身の名義でリリースした2枚目のアルバム ‘The Sound of Yourself‘ では、この疑問を全面的に解決しています。自分の声をプリズムで撮影し、それを曲の中で屈折させることで、新たな価値を生み出しています。

このアルバムには、Mary Lattimore、Sabrina Ellis(A Giant Dog)、TORRESのMackenzie Scott、Telekinesisの Michael Benjamin Lerner、Annie Hayden、弟のMatt McCaughanなどが参加しています。「友人たちの作品には常に刺激を受けています」とマックは言います。「距離が離れていても、彼らとコラボレーションできるのは幸運なことだと思います。彼らとの距離は離れていますが、彼らとコラボレーションできたことを幸運に思っています。曲を送信して、それが大幅に改善され、しばしば驚くような感動的な方法で戻ってきたことは、このレコードを制作する上で最も満足のいくことの一つです」。ファースト・シングルは “Dawn Bends” で、Superchunkのドラマー、Jon Wursterと Yo La Tengoのメンバーが参加しています。マックはこの曲を「孤立にハマりすぎることへの警告の物語」と呼んでいます。