Lilly Hiatt – “Been”

ナッシュビルのシンガーソングライター Lilly Hiatt(リリー・ハイアット)がリリースする、ニュー・アルバム ‘Lately‘ は、彼女が2020年にアルバム ‘Walking Proof’ をリリースした直後に実質的に始まったパンデミックの隔離中に書かれたものです。

10曲入りの ‘Lately’ の最初のプレビューは “Been” で、インディー・ロックとアメリカーナの間の非常に恣意的な境界線を曖昧にする、筋の通ったロッカーであることを証明しています。ハイアットは、この1年半の間に多くの人が感じた、落ち着かない気持ちや後悔の念に触れながら、「こんなチャンスは二度とないかもしれないけど、君は僕がどこに行っていたか知らないだろう」と歌っています。

「去年は大変でした。控えめに言っても、確かにそうです。涙が流され、命が失われ、孤独が生きがいになっていました」とハイアットはリリースで述べています。「私はいつも孤独を感じていましたが、2020年にあったような孤独の深みには行ったことがありませんでした。皮肉なことに、あの空間では私はまったく孤独ではありませんでした。誰もが何かを失い、それまでの生活を立て直そうとしていたのです。正気を保つための手段として、私は曲を書き始めました。中にはひどいものもありました。しかし、他に自分のカップを満たすものがなかったので、私はそれを続けました」

暗い部屋で起きていると
何を話せばいいのかと
私は何でもします
それを消し去るために

青い絨毯を手に入れて
健康的な食べ物も手に入れた
何も買えなかったけど
もっといい気分になれる

あなたは、これはほんの一瞬のことだと
なぜ自分のものにしないの?
このチャンスは二度とないかもしれない
あなたは私がどこにいたか知らない

まぶたをぎゅっと閉じて
思い出すのはアムステルダム
路地を自転車で走る
ブラックエンジェルズが10人になって

植物と小さな家のボート
今まで見たことのない
紙に書き出す
もっと欲しくてたまらない

一瞬の出来事だと言うけれど
なぜそれを自分のものにしないの?
このチャンスは二度とないかもしれない
あなたは私がどこにいたか知らない

私と一緒に出てきてくれたら
あなたが見るものすべてを愛するでしょう
1つの場所に留まることはできない
じっとしていても気が抜けない

私は小さな感謝の言葉を言う
すべての夢想に
カウンターを片付ける
そして、誰になるべきか悩む

あなたは、これはほんの一瞬のことだと言う
なぜあなたはそれを所有しないのですか?
このチャンスは二度とないかもしれません
でも、あなたは私がどこにいたか知らない


created by Rinker
¥250 (2021/12/06 20:50:49時点 Amazon調べ-詳細)