Jeremy Ivey – “Orphan Child”

65 views

Jeremy Ivey(ジェレミー・アイヴィー)は「これこそ私がいつも惹かれているソングライティングだ」と言う。「永遠の動き、複雑なメロディー、広大なアレンジメント。このアルバムは本当の僕だ」と。

ANTI- Recordsからリリースされるアイヴィーの3枚目のアルバム ‘Invisible Pictures‘ は、生々しく冷徹な個人的見解と、陽気で浮ついたメロディー、そして万華鏡のように豊かなプロダクションを並列に並べて、まさに天啓を受けた作品となった。アルバムからのファースト・シングルを、Dylan Reyesが監督したビデオで紹介しています。

遠い昔の話
私は最高だと思ったものを手に入れた
私はそれが滑り落ち、衰退していくのを見た
完璧が侵されるのを見た

根っこを切り裂き、名前を変え
私は汚染された海岸の間に住んでいた
風を聞こうと耳をすませば
なぜ私は生まれたのですか?

私は孤児のハニー
私は無名の遊牧民
この偉大なる未知の世界に生きる
ここはどこよりもいい場所だ
そして、私は非常に多くのことを行ってきました
私は孤児の子
そう、私は孤児、でも一人の方が良いの

なぜこの人種、この血、この顔なのか
この手、この目、この距離?
墓と街の災いの間に
空っぽの笑顔の安らぎを求めるために

戦って裏切られた友情
厳粛な夜のキスを買う
作る前に消えたお金と食欲を失った空腹感

私は孤児です
私は儚い魂
家系図が燃えている
そして、私はここに属していない
近場でもいい
私は孤児です
有刺鉄線の心で

昔はよくこの通りを歩いて驚いたものだ
どの町でも頭は燃え上がる
新しい顔を研究したものだ
今、私は地面に鍵を置いている

なぜこの言葉、なぜこの夢
なぜ私は自分の作ったものを憎まなければならないのか?
そしてなぜこの心はねじれた蔓でいっぱいなのか
逃れられない命綱と宿命

私は孤児のハニー
私は通りすがりの見知らぬ人
私はそんなに話すことはありません
あなたが見ることのない私の一部があるのよ
私は孤児で、家はまだ遠い。