Gustaf – “The Motions”

69 views

ブルックリンのアートパンク・グループ Gustafは、アルバム ‘Audio Drag For Ego Slobs‘ からさらにリード曲を発表しました。この曲 “The Motions” には、Araque Blancoが監督したミュージック・ビデオがついています。この新曲について、ボーカルのLydia Gammillは次のように語っています。

「”The Motions” は、私たちの “ニューヨークの街を歩く” というイメージの曲です。橋を渡ったり、地下鉄に乗ったりするのに適したリズムになっています。

この曲は、自分の中の混沌とした物語の視点と、自分を取り巻く世界の決められた道筋を行き来することを歌っています。例えば、曲に合わせて歩道を闊歩しているときに、ヘッドフォンが一瞬外れて、今まで無視していた自然のサウンドスケープが現れ、自分が包まれていた世界が他の人たちが共有しているものではないことに気づくようなものです。そして、ヘッドフォンをしている人は皆、自分だけの世界と実際に生きている現実の間を飛び越えていることに気づくのです。ニューヨークの街をヘッドホンなしで歩いてみると、驚くほど静かなんです。自分だけのサウンドトラックの不協和音を加えているのは私たちなのです。

この曲では、こうしたさまざまな視点をシャッフルしています。フック(watch, breathe, think, see…)は、語り手の頭の中で、次のステップに進むための根拠となるボイスを模倣していますが、心の中ではそれを維持するのがやっとです。最初の(そして唯一の)詩は、ある場所から別の場所への移動の苦労に参加しているときに、彼らの内なるモノローグが突破されます。彼らは別の人の痕跡と戦い、自分の前進を邪魔するためにその人を非難し、別の人の嘲笑と記憶によって前進が妨げられています。シャワーを浴びているときの仮想的な喧嘩のようなものです。心の中が混沌とした状態になったところで、2番のリフレインが3人称に切り替わり、私たちは世界の日常の振り付けに戻ります。私たちの軌道に沿って踊る、習慣的な人間のアリのパフォーマンスです。

自分の中の物語をコントロールできなくなったとき、その動きは自分に言い聞かせるようにして、自分をまとめるためのものです。時には、どうしようもなく、すべてのことが必要だという個人的なパニックに陥ることもあります」