Fehlt – “Light Porcelain” (feat. Boshe)

リーズのバンド Fehltは、Beach Fossilsや Deerhunter、初期のDIIVのようなドリーミーなソングライティングと、少しダークで不安な要素をブレンドしています。Clue Recordsからリリースされたニューシングル “Light Porcelain” は、スパイダーのようなポストパンク、クラウトロック、そしてチャイムのようなギターエフェクトの要素が組み合わされています。

同じくリーズの Bosheがこの曲に参加しており、Slowdiveの Simon Scottが担当した最終マスターでは、その不協和音のエッジが前面に押し出されています。

Fehltの Ewan Barr(ユアン・バール)は次のようにコメントしています。

「いつも一緒に仕事をしている Mitchell Dilleyと仕事をしているうちに、VJing(リアルタイム・ビジュアル・パフォーマンスの広い意味での表現)に興味を持ち始め、アナログのビデオ・ミキシング・デスクを使ってCRTテレビを使ったライブ・パフォーマンスを行いました。

次の論理的なステップは、回路を曲げたミキシングデスクを使ってミュージックビデオを制作することで、全体的に異なるレベルの歪みを試してみました。このビデオは、陶酔感と、すべてが宙に浮いているときに誰かや何かがあなたを引き上げてくれるというアイデアをテーマにしています」