YVETTE – How the Garden Grows

ARTIST : YVETTE
TITLE : How the Garden Grows
LABEL : Western Vinyl
RELEASE : 9/17/2021
GENRE : industrial, artrock, noiserock
LOCATION : New York, New York

TRACKLISTING :
1.B61
2.Contact High
3.Warm Up
4.Besides
5.For a Moment
6.Close Quarters
7.Smoke in Your Eyes
8.Best Intentions
9.Translucent
10.Intermission

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , ,

Noah Kardos-Feinはこの10年近く、YVETTEという名前でポスト・インダストリアル/ネオ・ノー・ウェーブ系の音楽を制作しており、その過程で独特で魅力的なレパートリーを築いてきました。YVETTEの最新作 ‘How The Garden Grows’ を完全に理解するには、Kardos-Feinが描いてきた旅の文脈に照らし合わせる必要があります。

2012年、Kardos-Feinとドラマーの Rick Danielは、Nick Sylvesterと2曲の7インチをレコーディングしましたが、これがきっかけで有名なレーベル Godmode(JPEGMAFIA、Yaeji、Shamir、Channel Tres)が設立されました。その1年後、YVETTEはフルレングスのデビュー作 ‘PROCESS’ をリリースし、多くの批評家から絶賛されました。Pitchforkは8.1/10のレビューで、「彼らは本当の意味でのインダストリアル・アクトであり、粗悪な原材料を美しく輝くクロムメッキの物体に変え、不思議な魅力を放っている。彼らのノイズは、ポップ・ミュージックのサウンドとまではいかないまでも、その輪郭に沿って形成されており、醜いブルータリズムの世界へのアクセスポイントを提供しています。」

‘PROCESS’ のリリース後、ヨーロッパでは Tough Love Records(Ulrika Spacek、Big Ups、Moon King)からリイシューされ、Dale Eisingerがドラムを担当しました。長期にわたるツアーの後、YVETTEは2015年に ‘Time Management EP’ をリリースしました。バンドは、困惑するほどパワフルなライブパフォーマンスで評判になり、Sleigh Bells、Xiu Xiu、Lydia Lunch、Dan Deacon、Thurston Moore、Liars、Metz、Liturgyなどのアーティストとステージを共にしました。

2016年、一息つく間もなく、デュオは待望の2ndアルバムとなる ‘How The Garden Grows’ の制作を開始しました。曲作りとレコーディングには、複数のスタジオ、異なるプロデューサーやエンジニアなど、ストップ&スタートを繰り返す3年間が必要でした。その間、デュオはお気に入りのニューヨークの会場や居場所の多くが開発業者によって取り壊されるのを目の当たりにしました。’How The Garden Grows’ は、愛する街の瓦礫の中に消えてしまうのではなく、その混沌の中で成長していったのです。

2021年に日の目を見ることになったこのアルバムは、長年のハードワークと数え切れないほどの障害の集大成です。このアルバムは、バンド内だけでなく、ミュージシャンの個人的な生活、ニューヨークのエクスペリメンタル/DIY音楽の世界、国の政治、そしてますますグローバル化する世界において、大きく成長し、変化した時期を示しています。そして、曲作りや技術的なアプローチの面で、バンドが新たな実験の領域を切り開いていることを明らかにしています。また、アイジンガーが脱退したことで、YVETTEは事実上のソロ活動となりました。

‘How The Garden Grows’ は、反感が美の瞬間によって和らげられ、美が反感によって金属の槍のように研ぎ澄まされる、強烈で運動的な空間です。Kardos-Feinは次のように説明しています。「私は、自分と自分の楽器をどのような新しい限界に押し上げることができるかを知りたかった。」

“B61” は、吐き気を催すようなハムの上に、広々とした音が2分間にわたって鳴り響き、Kardos-Feinの声が表面に現れたときに、そのハーモニーが明らかになることから始まります。Kardos-Feinの声は、ガラスのように滑らかでメロディックなものから始まりますが、曲の中盤では叫び声に変わり、ただでさえ攻撃的な作品の中でも最も攻撃的な瞬間を作り出しています。Kardos-Feinのギターでコントロールされたシンセサイザーは、彼の歌詞の終末論的なイメージを強調するかのように、歪んだアラームを呼び起こし、曲の終わりには完全なパニック状態になっています。

“Besides” や “For A Moment” などの曲は、ダブルタイムのリズムとオーバードライブのテクスチャで同じように不安な勢いで進んでいきますが、ここではより明確なポップの枠組みを提供しており、YVETTEの鋭いソングクラフトの感覚を強調しています。

そのエネルギーに反して、アルバムは “Intermission” という8分間のビートのない雰囲気で締めくくられています。これは、先行する完全な落胆とは対照的な、反省的な惰性の作品です。この曲は Kardos-Feinが唯一自分で演奏した曲で、他のメンバーが部屋を出た後に録音した、ドローンのような即興曲です。最後に聞こえてくるのは、楽器が忘却の彼方に漂っているときに偶然マイクが拾った、バンドメンバーがスタジオのドアを開け閉めする音であり、Kardos-Feinは一人でYVETTEとしての活動を続けていたのです。これは、強烈に型破りなアルバムに対する、驚くほど予見的な音のお別れです。ドローンの音が消え、リスナーは次に何が来るのか、わずかな不安を感じることになる。

created by Rinker
¥1,600 (2021/10/18 22:12:40時点 Amazon調べ-詳細)