The Exbats – Now Where Were We

ARTIST : The Exbats
TITLE : Now Where Were We
LABEL : Goner Records
RELEASE : 10/22/2021
GENRE : garage, pop
LOCATION :

TRACKLISTING :
1.Coolsville USA
2.Best Most Least Worst
3.Practice On Me
4.Best Kiss
5.One Foot In The Light
6.Hey New Zealand
7.All The Lovers Do
8.Ghost In The Record Store
9.Drop The Rebound
10.Like A Son
11.I Don’t Wanna Feel Dead
12.I Don’t Trust Myself Around Jesus

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , ,

‘Now Where Were We’ で The Exbatsは、まるでシャングリラのディストピア的ガレージロック版のように、あるいはベルベット・アンダーグラウンド以前のドゥーワップのワナビー、ルー・リードからの未来へのメッセージのように、地面を叩いた。このアルバムは、荒野の道標のように明るく鳴り響いている。非常に楽にキャッチーで、ブリル・ビルディングやフィル・スペクターのウォール・オブ・サウンドが打ち出した最高のチャート・トップと肩を並べるような、陽気なコーラスが満載だ。

しかし、ビーチ・ボーイズのリハーサルに潜むチャーリー・マンソンのように、邪悪なものがドアの前にいるのだ。2021年、パンデミックや気候変動の危険性、1865年と同じように国が分裂していることなどがヘッドラインで叫ばれている時代だからだ。Exbatsはこのような状況を一切無視しています。Mamas & the Papaの “California Dreamin'” にZombiesの “Time of the Season” を加えた現代的なリフである “Hey New Zealand” は、迫り来るエコロジー災害をテーマにしています。また、”I Don’t Wanna Feel Dead” や “One Foot in the Light” では、パンデミックに見舞われた人生の気まぐれさを象徴するような、慎重な希望が込められています。アルバムのオープニングを飾る “Coolsville USA” は、スクービードゥーとシャギー・ロジャースの間に存在する友情を賛美する、ジャングリーかつ不吉なギターポップです。

“Coolsville USA” の主人公について、ギタリスト兼ボーカリストのケニー・マクレーンは次のように語っています。「二人とも怖がっていて、何の理由があるのかわからないまま連れ回されていて、常に攻撃されています。彼らはお互いにしか理解していません。他の友人たちには、自分の声が判読できないように聞こえるが、友人はそれを理解してくれる。彼らは一緒になって、欲や悪意の正体を暴いていくんです。意外なところで重要な関係を築いているのです」

ケニーと彼の娘であるボーカル兼ドラマーのイネス・マクレーンは、イネスがまだ10歳だった10年以上前にエクスバットの核を形成しました。現在は、ボビー・カールソンがベースでグループをまとめています。米国とメキシコの国境から北に11マイルのところにあるアリゾナ州ビスビーという辺鄙な場所にもかかわらず、このグループは、カートゥーンクインテットのアーチーズからパンクロックのオリジネーターであるアベンジャーズ、そして甘くて痛い1910年のフルーツガムカンパニーからロサンゼルスのアンチヒーローであるウィアードスまで、さまざまな影響を受けていることを挙げて、すぐに称賛を浴びました。実際のところ、エクスバッツは、ブルーアイドソウル、皮肉たっぷりのカントリー、ブリットポップ、サイケ、R&Bなど、より幅広い音楽スタイルをサウンドに取り入れています。

メンフィスを拠点とするGoner Recordsからリリースされる ExBatsの4枚目のアルバム ‘Now Where Were We’ は、変化して一周したときの感覚をテーマにしています。「斜め上を行く表現ですが、これは私たちのパンデミック・レコードです。一息ついて、自分が人生のどこにいるのかを考え、大切だと思えるものに立ち返るということです」とケニーは説明します。

マクレイン夫妻は、今作を前作よりも「より野心的」と表現しています。これまでのアルバムが数日から数週間でレコーディングされていたのに対し、Inezと Kennyは ‘Now Where Were We’ を構成する12曲を 「40回の土曜日に連続して」書き上げました。

Exbatsは、いつものように北東に90分ほど行ったツーソンのミッドタウン・アイランド・スタジオで、マット・レンドンと一緒にレコーディングを行いました。「彼が現代的ではないところが気に入っているので、そこで録ることにしているんだ」とケニーは言う。「マットは、僕らの曲作りに影響を与えている60年代半ばのアメリカン・ポップス、つまり Westernや Gold Star Studioで作られたような音楽の百科事典的な知識を持っています。私たちはただリハーサルをして、8トラックテープに録音するだけです。私たちはLudditesとは違いますが、私たちが目指す音楽や人々は、一般的にロックミュージックの異なる時代のものです。私たちは、画面上で「完璧」を目指すよりも、自分たちの不完全さを楽しみたいのです。私たちは、ノスタルジックになろうとしているわけでも、反現代的になろうとしているわけでもありません。ただ、最終的には手作りの音がするレコードや、人間的な要素を持ったレコードを作る余地があると思っています。そして、このアナログの白昼夢のようなものを、エンジニアであるマットと一緒に心ゆくまで探求することができるのです」。

ブライアン・ウィルソンとトニー・アッシャーの傑作「I Just Wasn’t Made For These Times」と音楽的には同等で、心理的にはアンチテーゼともいえる、調和のとれた慎重な楽観主義に満ちたアルバムが、数ヵ月後にExbatsから発表されました。ウィルソンが「自分に合う場所」を探していたのに対し、エクスバッツは「少しのプラスチックがたくさんの音を出す喜びを必要としているすべての人のために」という見事な “Ghost in the Record Store” によって聖域を見つけました。この喜びに満ちた自己実現は、アンセムのような “Best Most Least Worst” で続きます。この曲は、私たちの中の曲者が、最も暗い日にベッドから引きずり出すのに役立つことが保証されています。また、”Practice on Me” は、フェイスマスクの時代以前に、誰かに一生懸命になることがどのようなものだったのかを思い出させる刺激的な曲です。

口ずさむのに最適なレコードのように、’Now Where Were We’ は人を魅了するほどシンプルだが、単純ではない。Exbatsは心の底から歌っており、自分たちの魂をさらけ出すことを恐れていません。「私たちは正直なバンドで、ベストを尽くしています」とケニーは言います。「もしかしたらリスナーは、耳がリフレッシュされて世界からのノイズに対応できるようになったと感じるかもしれませんし、遠隔地や商業的な意図に覆われていない新しい友人を見つけたと感じるかもしれません。もしかしたら、これらの曲のいくつかが頭から離れなくなるかもしれません。私たちは、彼らが笑顔で一緒に歌ってくれることを願っています」

Now Where Were We』は、2021年10月22日にGoner Recordsから発売されます。

created by Rinker
¥1,600 (2021/12/06 11:21:56時点 Amazon調べ-詳細)