Odonis Odonis – Spectrums

ARTIST : Odonis Odonis
TITLE : Spectrums
LABEL : Felte Records
RELEASE : 10/15/2021
GENRE : industrial, darkwave, postpunk
LOCATION : Toronto, Ontario

TRACKLISTING :
1.Prayer – from xAbo: Father Boniecki
2.In Between – from xAbo: Father Boniecki
3.Journey – from xAbo: Father Boniecki
4.Trip to Ireland – from I Never Cry
5.The Beach – from I Never Cry
6.The Locker Room – from I Never Cry
7.At the Hospital – from I Never Cry
8.Waiting – from At Home
9.Wildfires – from Truth in Fire
10.Ghosts – from Pradziady
11.Soleil Pâle
12.Nora – from Nora

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , , ,

‘Spectrums’ では、Odonis Odonisは、彼らの音楽的限界の極致を披露しています。80年代のゴスやダークウェイブのメロディを取り入れつつ、工業的な強さを維持することで、彼らのサウンドの二面性に新たな光が当てられています。トロントを拠点とする Dean Tzenosと Denholm Whaleのデュオは、これまでに4枚のアルバムをリリースしており、常に創造的な衝動を追い求めてきました。しかし、サーフロックやシューゲイザーなどの初期の実験から、最近ではアブレイシブなEBMにも手を出していますが、このコンピレーション・トラックほどサウンド的に無限の可能性を秘めたものはありませんでした。

Odonis Odonisは、2010年に Tzenosのソロ・レコーディングから始まり、その後、ノイジーなロック・バンドへと進化しました。現在は、活動開始から10年を迎え、中心となるデュオに絞られています。パンデミックによる社会的な制約の中で、マルチ・インストゥルメンタリストである2人のプロデューサーは、初めて完全に自宅で作業することを余儀なくされ、これまで敬遠していた音楽を作るために、既成概念にとらわれることなく挑戦しました。Tzenosは、彼らの新しいプロセスを、過去の作品の怒りに満ちた、時に反社会的なサウンドから要素を抽出し、外向的なアプローチを適用したものと表現しています。

「今回のプロジェクトは、バンドの進化の第3章の始まりです」と Tzenosは言います。「私たちは音楽的にまだまだ探求するべきことがあると感じていますし、この曲を書いたことで多くの新しい方向性に火がつきました。ポップな曲を作るというアイデアは、前作とは全く対照的ですが、このプロジェクトが楽しくて実験的である限り、成長し続けるでしょう。今の私たちは、クラブの後ろにいる変なゴスロリの子供たちのようなものです」

完全なコンピレーションまでの数ヶ月間、’Spectrums’ の様々なサウンドを強調するために、曲は小さなグループに分けられ、意図された感情的なインパクトに合わせた色でリリースされます。”Impossible” の氷のようなブルーの色合いは、バンドの恐怖、希望、信頼の感情を融合させています。”Get Out” と “Salesmen” の歪んだ赤い音は、危険と怒りを前面に押し出していますが、同時に情熱と生命力を開花させています。紫のポップな “More” と “Laced In Leather” は、Depeche Modeや New Orderからの影響を受けたデュオの最大の音楽的飛躍であり、独立性、優雅さ、そして未知の感覚である好奇心を表しています。”Shadow Play” では、ロボットのように暗闇の中を行進して、しっとりとしたアシッドシンセを聴かせてくれます。Odonis Odonisは、自分たちが今でも新鮮な仕掛けを持っている、強力で自立したシーンの旗手であることを証明しています。

「プログラムされたドラムであろうと、壮大な残響音のうねりであろうと、大規模な変化にもかかわらず、バンドのすべての素材の間には常に一貫した糸があります」とWhaleは言います。「’Post Plague’ 以来のバンドは、今では独立したプロジェクトのように感じられます。この数年間で、バンドとして、また音楽を人生の一部にしたいと考える人として、何が重要なのか、多くのことを学びました。雑音の中で自分たちがどこにフィットするのか、ようやく見つけられました」