Kaktus Einarsson – Kick The Ladder

ARTIST : Kaktus Einarsson
TITLE : Kick The Ladder
LABEL : One Little Independent Records
RELEASE : 5/21/2021
GENRE : altrock, classical, experimental
LOCATION : Reykjavík, Iceland

TRACKLISTING :
1.Kick The Ladder
2.Ocean’s Heart
3.Hypnotized
4.No Runaway
5.Daydream Echo
6.Gone To Bed
7.My Driver
8.45rpm
9.Story Of Charms
10.One Of Those
11.Space Soul
12.Chimes

レイキャヴィックを拠点にするポストパンクバンド Fufanu のフロントマンであるアイスランドのコンポーザー&ソングライター、Kaktus Einarsson が、デビュー・ソロ・アルバム ‘Kick The Ladder’ を One Little Independent Records からリリース。

Kaktus がスイスの電子音楽家 Kurt Uenala と一緒に制作し、ニューヨークで完成させました。この作品は、環境的なものであれ、個人的なものであれ、私たち社会がどのように周囲の環境と関係しているかというコンセプトに大きく基づいています。例えば、”Hypnotized” は、最近のアイスランドからの移民とその子供の強制送還に大きく触発されていますが、中にはずっとそこに住んでいた人もいます。彼は、「子供たちは怖がっているのか?彼らはここにいるべきなのか?」 と問いかけます。これに怒った学校側が法案に反対するデモ行進を行ったことから、カクタスは若者の不思議な無邪気さや、年配者が倫理観を曇らせて善悪の区別を忘れてしまうことを反芻するようになりました。

“Oceans Heart” では、楽観的な夢や思い出、年齢を重ねると人生に何を求めているのか分からなくなることなどを、凧を揚げて雲間に舞うのを見るという単純な喜びに置き換えて歌っています。他にも “Story of Charms” では、些細なことに立ち止まり、周囲の空間や自然に感謝し、大人になってからの気晴らしに巻き込まれないようにすることを歌っています。このテーマをさらに強固なものにするために、”Daydream Echo” では、ニューヨークの街頭での説教師の言葉を基にしています。彼らは毎日同じ場所に立って、俺たちはみんな死ぬんだとか、俺たちは乗り物に乗るんだとか叫んでいた。その数週間後、世界は大混乱に陥っていた。もし、このニューヨークのアウトサイダーが、私たちよりも進んでいて、私たちの方が狂っているだけだとしたら?

Kaktus Einarsson(1992年生まれ)は、驚くべき音楽人生を歩んできました。レイキャビクで生まれ育った彼は、10歳にして実験的なエレクトロニック・アクト Ghostigital の一員として演奏していました。Fufanu では、RadioheadやRed Hot Chilli Peppersのホームタウンでのライブを行い。バンドは、ハイド・パークで Blur のサポートも務め、プリマヴェラ・サウンド、ロック・ヴェルヒター、ムジラック、ダウン・ザ・ラビット・ホールなどのフェスティバルにも出演しました。現在28歳の Kaktus は、’Kick The Ladder’ で新たな章に入りました。作詞、作曲、録音、制作への理解を深めたこのアルバムは、現代のクラシック音楽とポップスの過去の集大成であり、彼の仕事の2つの側面を橋渡ししています。