EERA – Speak

ARTIST : EERA
TITLE : Speak
LABEL :
RELEASE : 12/3/2021
GENRE : indierock, dreampop
LOCATION : Berlin, Germany

TRACKLISTING :
1.Solid Ground
2.Falling Between The Ice
3.The Beat
4.Midnight
5.Ladder
6.My Muse
7.Unset Truths
8.This City
9.Speak
10.Outro (Women)

商品カテゴリー: 商品タグ: , , ,

高い評価を得た2017年のデビュー作 ‘Reflection Of Youth’ に続くアルバム ‘Speak’ は、コントラストと自信に満ちた作品です。EERA こと Anna Lena Bruland(アンナ・レナ・ブルーランド)は次のように説明しています。「’Speak’ は、人生のバランスを求めて、自分を認め、自分を誇りに思うこと。勇気と自信を持ち、多くを疑うことをやめること。疑問を持つのをやめて、受け入れて前に進む。私のデビュー作は、少し臆病で、「私はこれでいいのだろうか」と思っていました。今回のアルバムは、より自分らしさが出ていると思います」

‘Reflection Of Youth’ ではPJ Harvey、Deerhoof、Elliott Smithなどから音楽的なヒントを得ていましたが、’Speak’では Broadcast、My Bloody Valentine、Lushなどを意識しており、シンセサイザーを加えて Anna Lenaの生き生きとしたボーカルのために陶酔的でダイナミックな環境を作り出しています。ここにはシューゲイザーの要素があるかもしれませんが、彼女は自分の靴を見下ろすのではなく、リスナーの目を直接見ているので、彼女の言っていることがよく伝わってきます。

‘Speak’ の明確なビジョンと、移り変わる夢のような音の世界とのコントラストは、アンナ・レナにぴったりだ。「私は相反するものが好きなの」と彼女は言う。「計画されたものではなく、自然に起こることです。アーティストの中には色で表現する人もいますが、私の場合は、硬いものと柔らかいもの、明るいものと暗いものといった質感を重視しています」。ハードとソフト、ライトとダークに、’Speak’ は鋭い角と微妙な角度のコントラストを加え、ダイナミクスにはきらめくような暖かさを加えて、シンセサイザーの鋼のようなバランスをとっています。エモーショナルな面でも、このアルバムには脆弱さと繊細さが投影されており、アルバムの核となるテーマである「自立」とのバランスがとれています。