Devin Shaffer – In My Dreams I’m There

ARTIST : Devin Shaffer
TITLE : In My Dreams I’m There
LABEL : American Dreams
RELEASE : 6/18/2021
GENRE : indiefolk, ambient, experimental
LOCATION : Chicago, Illinois

TRACKLISTING :
1.Drive Into Woods
2.Enemy
3.In My Dreams I’m Offline
4.HOW??
5.05. Carina Searches for Hollow Rock, North Carolina
6.Kissing In The Park
7.Heavy Baby
8.Taste You With My Mouth Closed
9.Dreaming
10.In My Dreams I’m Here

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , ,

シカゴのミュージシャン、Devin Shaffer(デヴィン・シェイファー) は、彼女のデビューLP ‘In My Dreams I’m There’ の背景について、「私は慢性的な空想家で、そこにはひとつの夢だけではなく、可能性が常に頭の中で回転していて、それが逃避の手段になっているんです。」 フォーク、アンビエント・ミュージック、実験的な伝統を織り交ぜた曲の集まりであるこのアルバムは、初めて聴く人にとっては、「逃避」というよりも、土地、アイデア、感情、そして夢そのものを横断的に表現していると言えるかもしれません。シェイファーは、フィールド・レコーディング、指弾きのギター、シンセサイザー、そして彼女の穏やかで子守唄のような声を駆使して、ひとつの夢や場所だけでなく、テレビのチャンネルのようにそれらをクリックしていく方法を紹介しています。

このアルバムは “Drive Into Woods” で始まります。フィールドレコーディングから作られたベースの効いた曲で、サウンドスケープとフォークの間を行き来しながら、このアルバムの主要なテーマである「人間関係」を表現しています。彼女の表現は、まるでおとぎ話の暗転のようです。森林保護区に向かう途中で道を間違えたカップルが、明らかに彼らのためではない未舗装の道にたどり着き、陰鬱な木々に飲み込まれてしまうのです。ファンタジーというジャンルは、シェイファーの世界と重なる部分もありますが、彼女の関心は、人間関係が毒リンゴを持った魔女のように恐ろしいものになりうる、日常に根ざしたものです。「この曲は、愛の恐怖のメタファーです」と彼女は言います。「片思いの恋愛や親密さ、オープンになりすぎてそれが報われないこと、あるいは、ただ無防備でいること、それがどれほど怖いことなのか。」

‘In My Dreams I’m There’ には、恐怖やためらいから始まり、最終的には受け入れられて美しくなるという方向性がありますが、序盤の曲は、美しいとはいえ、まだ吐き出すべき不安がたくさんあります。”Drive Into Woods” は、アルバムのファーストシングルであり、アルバムの中でも最もストレートでポップな曲である “Enemy” に移行します。この曲も人間関係をテーマにした曲ですが、今回は嫉妬や共犯関係の危険性をからかうような、生意気な視点で書かれています。また、この曲はシェイファーのライブでも何年も前から定番となっている。「ヴォイスとギターで何年もライブで演奏してきた曲が、新しい要素を加えてより大きな曲になるのは不思議なことです」と彼女は言います。「ずっと頭の中で流れていたものとは違うという感じで、新しいバージョンに慣れていくのですが、今ではとても気に入っています」

このアルバムは、世界の中を歩いているような感覚を与えてくれます。これは、歩くことがシェイファーの創造的・精神的プロセスの重要な部分を占めていることからも納得できます。シェイファーにとって、歩くことは、明確で深遠なコミュニケーションとレヴェリーを可能にします。「10マイル(約1.8km)歩くのも馬鹿げたことではありません」と彼女は認めます。「誰かと一緒に歩けば、その場所にいるという経験をより深めることができるのです。特に誰かと一緒に歩いていると、その場所での経験がより豊かなものになる。」

‘In My Dreams I’m There’ では、散歩や自転車の音が重要な役割を果たしている箇所がいくつかあります。また、”Carina Searches for Hollow Rock” や” Heavy Baby” のように、恐怖から根本的な受容への移行を表現しています。これらの作品は、何が問題になっているのかを示しています。岩を探しているカリーナとシェイファーの対話は、自然の中の不動性と不思議さ、そして友情の力、そして見られているという感覚を思い出させてくれます。”Heavy Baby” では、好奇心旺盛な男女が死や天国、地獄について親密な言葉を交わしていますが、これが妙に心を和ませ、安心させてくれます。ここでは、人生は美しいものであり、愛することは、たとえ音楽を愛することであっても、検証や返答を必要としないという、シンプルかつ深遠な気づきが得られます。

アルバムは、自己実現の強化で終わります。瞑想的な静寂の中に、自然界に積極的に耳を傾けることをうたった、短くて甘い曲があります。「鳥の声や静けさに耳を傾けることは、ちょっとした魔法のようなものです」と彼女は説明しています。私たちはそこで、おそらく少し暖かく、少し孤独ではなく、夢に開放され、微妙に幻想的なものと調和しているように感じます。私たちはここにいる。私たちはそこにいる。」