Deerhoof – Actually, You Can

ARTIST : Deerhoof
TITLE : Actually, You Can
LABEL : Joyful Noise Recordings
RELEASE : 10/22/2021
GENRE : indierock, artrock
LOCATION : San Francisco, California

TRACKLISTING :
1.Be Unbarred, O Ye Gates of Hell
2.Department of Corrections
3.We Grew, and We Are Astonished
4.Scarcity Is Manufactured
5.Ancient Mysteries, Described
6.Plant Thief
7.Our Philosophy Is Fiction
8.Epic Love Poem
9.Divine Comedy

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , ,

自称「常識」の守護者たちによって、醜く、否定的で、憎しみに満ちているとみなされたすべての美しさ、ポジティブさ、愛を考えてみてください。私たちは、彼らの植民地的な経済や刑務所、男女の役割や美意識を解体しても、社会を破壊することにはなりません。私たちはそれを創造しているのです

18枚のアルバムは、ポップであると同時に実験的でもあり、Deerhoofは大胆なストーリーテリングとラディカルなサウンドを求め続け、革命という新しい共通言語を生み出してきました。2020年の ‘Future Teenage Cave Artists’ では、ポストアポカリプスのおとぎ話のようなビジョンを探求し、本質的なメロディーと不条理なデジタル録音方法を融合させました。続編の ‘Love-Lore’ は、ライブでカバーしたメドレーで、未来派のミッドセンチュリーのアーティスト(Parliament、Sun Ra、Stockhausenなど)をパッチワークのラブレターにしたもので、バンドにインスピレーションを与えている反権威主義的な表現を表現しています。ドラマーの Greg Saunier(グレッグ・ソーニア)は、これらのレコードがリスナーに熱狂的に受け入れられたことについて、「私たちは突然、自分たちに対して自由で偏見のない気持ちになりました」と語っています。様々なスタイルの音楽を統合するという挑戦に刺激を受けた Deerhoofは、次のレコードのコンセプトを決めました。DIYバロック。「オペラのような華やかさと煌びやかさを備えた、自分たちなりの社会人版のハイブラウが欲しかったのです」とソーニアは言います。Deerhoofは、機敏さ、ウィット、そして奇抜さを活かして、この予期せぬ成長への熱狂的な頌歌を作り上げるべく、計画を練りました。

‘Actually, You Can’ は、ジャンルを問わず、テクニカラーの鮮やかさとアルペジオの筋肉質さを用いて、資本主義の煉獄的な支配からの重要なショックを与えてくれる作品です。オープニングの “Be Unbarred, O Ye Gates of Hell” は、ヘンデルのアリア、マヤ・アンジェロウのエッセー、そしてキリストが地獄に堕ちて囚われた魂を解放するというカトリックの説教を挿入して、文字通りバリケードを襲撃しています。「最近では、道徳的な人間であることは犯罪者であることを意味します」とソーニエは、このアルバムのカウンターカルチャー的な解放の受け入れについて説明しています。「私たちが表現しようとした精神は、天使のようにグラマラスな刑務所の胸像でした。」その魅力は、Ed Rodriguez(エド・ロドリゲス)と John Dieterich(ジョン・ディテリッヒ)のツインギターによるスリリングな攻撃と、ソーニアのチューニングされたハイパーポップ・バイアニュー・メタルのスネアの爆音で表現されています。「ロドリゲスとディテリッヒは高速でユニゾンを繰り返し、ソーニアはかつてないほどヘビーなキットを叩き、松崎里美のファズアウトしたベースとシンクロしている。飴を口にくわえて歌うのは、「夜だと思っていたら昼だった! 夜だと思っていたのに、昼だった!一度に毎日だ。私の光の家を見よ! 虹の破産者!」それはアメリカの平凡さを非難するもので、避けられない暴力の物語を、語られていない本当の喜びに置き換えている。

ロドリゲスのソロ・デモは、グループのロココ・ガレージへの傾倒、特にメキシカン・ロックの霞がかったツーンを捉えた瞬間に刺激的な影響を与えた。2017年、ロドリゲスは Deerhoofのボックスセットにテハノにインスパイアされた録音を提供し、Y La Bambaの Luz Elena Mendoza(ルース・エレナ・メンドーサ)と共作した。「それをすることにとてもやりがいを感じた」 とロドリゲスは振り返り、父親が家族と一緒にボレロを演奏していた子供の頃の記憶をさらに掘り起こしました。「ディアフーフにその一部を持ち込むことは理にかなっていたのです。」ロドリゲスの作曲はコミュニティと親族に根ざしており、警察の残虐行為に対する大規模なデモが世界中で行われていることから、バンドはケアの精神に惹かれていました。「抗議活動や、体を動かしてやる気を起こさせるような実用的な音楽を作るというアイデアについて、何度も話し合いました」とディテリッヒは説明します。ディテリッヒは、「屋外でのライブだけの未来を想定して、妻が日本で録音した収穫祭のミニカセット・フィールド・レコーディングを参考にして、自分のデモを作った。厳かで不透明だけど、本当に楽しい音楽なんだ」と彼は言い、それはこのアルバムの「鳴り物入りの儀式」というイメージにぴったりだ。「ここ数年、植物を集めていて、毎朝の成長を見て1日の始まりを励ましていました。」 と松崎は、音楽以外の影響がレコーディング作業を後押しし、アルバムのテーマである「豊かさ」を深めたことを話します。「植物はいつも太陽の光に向かっています。私もそうです」と松崎は言います。植物の豊かさは、アーティストのポール・ワッカーズが ‘Actually, You Can’ のジャケットを描いたことで、視覚的なテーマとなりました。緑に覆われたローライダーが挿入されていますが、これはミュージシャンにとって中心的なシンボルとなりました。ローライダーは、主流の大量生産の中心的な道具を、本来の目的とは相反する方法で再設計し、誇り、信念、反発を表現する、骨の折れる個性的な芸術作品に変えてしまうのです。

Deerhoofのプレイヤーたちは、それぞれのパートをホームレコーディングすることに慣れていて、ファイルを交換して作曲することを長く続けてきました。しかし、2020年にツアーを中止したことで、最も長い間、一緒に演奏することができなくなりました。組み合わせたデモがどんどん重くなっていく中、松崎は「コンサートのエネルギーを再現するアルバムにしたい」と言い出しました。「今回のアルバムは、ギター2本、ベース、ドラム、それだけでいいんです。私はこの曲を演奏できるようになりたいのです」と語った。過去のツアーメイトである Radioheadや Red Hot Chili Peppersと共に大規模なステージに立つカルテットの鮮明な夢から覚めたソーニエは、バンドメンバーの複雑なデモをフーガ的アレンジして、観客を笑顔にして踊らせる曲に仕上げました。数ヶ月間、メンバーはそれぞれのパートを自宅で録音し、それをソーニエに送ってミックスしてもらいました。松崎は、このコンセプトを裏切るような箇所を細かくチェックし、ステージ上の壮大なサウンドを損なうようなものは排除していきました。「何週間もかけて一緒に演奏することを想像していたので、ほとんど偽物の記憶になってしまいました」とソーニエは感嘆する。

Deerhoofのメンバーが自分たちの才能の新たな一面を発見し続けるためには、お互いの創造性だけでなく、自分たちのキャリアが与えてくれる自由にも深い感謝の気持ちが必要です。「ケミストリーがあるとすれば、それはお互いに相手の音楽を理解していないからだと思います」とソーニアは冗談を言います。しかし、好奇心を持ってお互いの芸術を受け入れることで、Deerhoofは、アルバムごとに無限に広がるユニークな辞書を使って、驚きとインスピレーションを与え続ける音楽的アルファベットを生み出しました。’Actually, You Can’ では、廃工場を移民住宅に変える活動をしている友人に宛てた手紙のような曲 “Divine Comedy” で説明されている、交感神経を刺激する弦楽器のアイデアを音で表現した独特の効果を用いています。楽器の音を1オクターブ上げ、ピアノのサスティーンに通すことで、バンドは振動による倍音を生み出し、通常の音よりも華やかに共鳴させた。その煌びやかな異世界は、Deerhoof自身のメタファーでもある。初めて聴く人にとっても、何十年も愛聴している人にとっても、’Actually, You Can’ での Deerhoofの衝撃的で寛大な共同世界構築へのアプローチは、新たな強さ、無限の愛、そして探求し続ける回復力をもって、私たちのコミュニティを支援するための勇気を与えるものです。