DARKSIDE – Spiral

ARTIST : DARKSIDE
TITLE : Spiral
LABEL : Matador Records
RELEASE : 7/23/2021
GENRE : electronic, neosoul, indiesoul
LOCATION : New York

TRACKLISTING :
1.Narrow Road
2.The Limit
3.The Question Is To See It All
4.Lawmaker
5.I’m the Echo
6.Spiral
7.Liberty Bell
8.Inside Is Out There
9.Only Young

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , ,

チリ出身の電子音楽家・ヴォーカリストの Nicolás Jaar と、アメリカ出身のマルチ・インストゥルメンタリストの Dave Harrington によるニューヨークのエレクトロニック、ネオソウル・デュオ DARKSIDE が、新作アルバム ‘Spiral’ を、Matador Records からリリース。

二人は、プロビデンスに留学中、共通の友人であるサックス奏者の Will Epstein を通じて知り合います。2011年夏には、Jaar の画期的なデビューアルバム ‘Space Is Only Noise’ を引っさげて、ヨーロッパとオーストラリアをツアーしました。プロビデンスに戻った彼らは、共同で作曲を続け、2012年にセルフタイトルのEPをリリースし、2013年10月には Matador Records から絶賛されたデビューアルバム ‘Psychic’ をリリースしました。このアルバムは、Pitchforkから9.0の評価を受け、The New York Timesは 「失われたデヴィッド・リンチのSF映画のサウンドトラック」と評するなど、高い評価を得ました。

2018年の夏、Harrington と Jaar は、現在のニュージャージー州フレミントンであるレニ・レナペ領に小さな家を借りました。一行はそこで1週間過ごし、1日1曲を作った。セカンド・アルバムの完成までにはさらに1年半を要しましたが、’Spiral’ の6曲は、この最初のセッションで作曲・録音されたものです。

「Darkside は最初からジャムバンドだった。休みの日にいつもやっていたことさ。再結成したときは、また一緒にジャムをするのが待ちきれなかったよ」と Jaar は言います。Harrington もこれに呼応して、「再びその時が来たように感じました。このバンドでは、自分たちだけでは絶対にやらないようなことをやっています。Darksideは、一緒に音楽を作るときに発生する、部屋の中の第3の存在なんだ」と語っています。