BUÑUEL – Killers Like Us

ARTIST : BUÑUEL
TITLE : Killers Like Us
LABEL : Profound Lore Records
RELEASE : 2/18/2022
GENRE : noiserock, postpunk
LOCATION : Italy

TRACKLISTING :
1.Hornets
2.When God Used A Rope
3.It’s All Mine
4.Crack Shot
5.Stocklock
6.Roll Call
7.When We Talk
8.A Prison Of Measured Time
9.For The Cops
10.Even The Jungle

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , ,

BUNUELは、仲良くすることを嫌がったり、できなかったりすることで、困難な状況が悪化した音です。ジャンル分けすることで理解しやすくなるのであれば、何かに分類するために “Heavy” とマークしておきましょう。大文字のHで。

しかし、ありきたりのヘビーではなく、BUNUELの角張ったリズム、ドラムの一撃、電撃的なギター、約束事よりも脅しのように聞こえるボーカルの融合は、ポストパンクであり、プロトヘビーであり、尻上がりにアーティなものだ。アーティとは、アバンギャルド・ノイズのことです。

BUNUELの最新作 ‘Killers Like Us’ は、’A Resting Place for Strangers’、’The Easy Way Out’ から始まった3部作の第3部であり、「悪い人のための良い音楽」というジャンルに新たに加わった作品だ。

BUNUELは、ギタリストの Xabier Iriondo(Afterhours)、ベースの Andrea Lombardini、ドラムの Francesco Valente(Il Teatro Degli Orrori、Snare Drum Exorcism、Lume)のイタリア人トリオによるサウンドワークと、Eugene S. Robinson(OXBOW)のボーカルが特徴の、世界的にも有名なスーパーグループによって制作されました。

シャビエルは、イタリアで最も冒険的な音楽プロジェクトの女神のような存在であり、ギタリストとして、またサウンド・マニピュレーターとして、メジャーレーベルやインディペンデントレーベルから50枚以上のレコードをリリースしており、その作品では3大陸でライブを行っています。その数は数え切れません。

アンドレア・ロンバルディーニは、作曲家、プロデューサー、エレクトリック・ベース奏者であり、イタリア国内外のジャズ、ポップス、ロックなどあらゆるジャンルで、デビッド・ビニー、マーク・ド・クライヴ・ロウ、ジェイソン・リンドナー、リチャード・ジュリアン、ミシェル・ゴダールなどの著名なミュージシャンと共演しています。

フランチェスコ・バレンテは、作曲家、打楽器奏者、即興演奏家、サウンド・エクストリーム奏者であり、イタリアのロックバンド Il Teatro Degli Orroriの重要な一員でもあります。

ユージン・S・ロビンソンは、ボーカル、作詞家、そしてレコードジャケットの44マグナムリボルバーの持ち主であり、アメリカのアートテロリストOXBOWと30年以上にわたって活動してきました。