Black Country, New Road – Ants From Up There

ARTIST : Black Country, New Road
TITLE : Ants From Up There
LABEL : Ninja Tune
RELEASE : 2/4/2022
GENRE : postrock, artrock, jazz
LOCATION : London, UK

TRACKLISTING :
1.Intro
2.Chaos Space Marine
3.Concorde
4.Bread Song
5.Good Will Hunting
6.Haldern
7.Mark’s Theme
8.The Place Where He Inserted the Blade
9.Snow Globes
10.Basketball Shoes

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , , ,

Black Country, New Roadは、セカンドアルバム ‘Ants From Up There’ を Ninja Tuneからリリースすることを発表しました。絶賛されたデビュー作 ‘For the first time’ のリリースからちょうど1年後、バンドはその勢いを利用してセカンド・アルバムに全力で取り組みました。’Ants From Up There’ は、それまでの作品のスタイルを大胆に見直したようにも、自然な進歩のようにも感じられる、巧みなバランスを保っています。

彼らのデビュー作 ‘For the first time’ は、2021年のアルバム・オブ・ザ・イヤーになることが確実視されており、批評家やファンから絶賛され、権威あるマーキュリー音楽賞の候補にもなっています。2月にリリースされたこのアルバムは、世界中の批評家から大きな支持を得ており、The Times紙は5点満点で「2021年で最もエキサイティングなバンド」と評し、The Observer紙は「今年のベスト・アルバムのひとつ」と評しています。このアルバムは全英アルバム・チャートで初週4位にランクインし、実験的な要素の強いデビュー・アルバムとしては素晴らしい成果を収めました。また、「Any Decent Music」では1位、「Album Of The Year」では2位、「Rate Your Music」では数週間にわたって1位を獲得し、今年最も多くのファンレビューやサイトでの議論を呼んだ記録となりました。Black Country, New Road は、The Observer、The Line Of Best Fit、Stereogumから「Artist Of The Week」と「Album Of The Week」に選ばれたほか、Mojo、NPR、CRACK、Uncut、The Quietus、Pitchfork、The FADER、Loud & Quiet、The Face、Paste、The Needle Drop、DIY、NME、CLASH、So Young、Dorkなどから、カバーやレビューを含む特集が組まれました。

‘For the first time’ では、バンドはクレズマー、ポストロック、インディー、そしてしばしば激しく語られる口語を融合させました。’Ants From Up There’ では、このユニークな組み合わせをさらに発展させ、クラシック・ミニマリズム、インディー・フォーク、ポップ、オルタナロック、そしてバンド独自のトーンを横断する、独特の音の中間領域を作り出しています。

夏にワイト島の Chale Abbey Studiosで、バンドの長年のライブ・エンジニアである Sergio Maschetzkoと共にレコーディングされたこのアルバムは、最終的な結果に対する深い信念が込められています。「ずっと興奮していました」とHydeは言います。「作っていてとても楽しかったです。私は、これが私の人生の残りの部分で最高のものになるかもしれないと受け入れています。それでいいと思っています」

Black Country, New Roadのライブパフォーマンスは、ファンの間ではすでに伝説的な存在となっており、The Guardian誌では「英国最高のライブバンドの一つ」と評されています。ロンドンのサウスバンク・センター、クイーン・エリザベス・ホールからのライブストリームの成功、SXSWやBBC 6ミュージック・フェスティバルでの傑出したパフォーマンス、そして今夏の完売した英国ツアー、注目を集めたフェスティバルへの出演、秋には43日間の英国・EUツアー、来年の米国公演は完売しましたが、ロンドンを拠点とする7人組は、2022年4月にアルバムを引っ提げた英国・IEでの更なる公演を発表しました。それに先立ち、2月にはロンドンのラウンドハウスでこれまでで最大のヘッドライナー公演を行います。