FPA – “Last to Bloom”

97 views

ミネアポリス出身の多才なアーティスト、ミュージシャン、Frances Priya Anczarski(フランシス・プリヤ・アンカザルスキ)による FPAが、37d03dからのリリースしたデビューアルバム ‘Princess Wiko’ は、隔離されたベッドルームで主に作曲、録音され、白昼夢の達人の作品を紹介するものです。’Princess Wiko’ では、アンカザルスキの美しい声と哲学的な好奇心の深い井戸が紹介されており、R&B、スポークンワード、ヒップホップ、フォークの伝統的な要素が吹き込まれた、詳細な楽器編成と映画のような風景が形作られています。

Brendan Lauerが監督したビデオが公開された “Last to Bloom” は、二面性のある曲です。一方では、自分自身を完全に実現することを歌っていますが、この曲は遅すぎて取り残されることへの恐怖が中心となっています。「この曲は、文字通り、最終的に自分自身と一致する瞬間です」とアンカザルスキは言います。「続いて、他の人たちはすでに来て、去って、咲いて、そしておそらく枯れてしまったということに気づくのです」