Ellen Froese – “In the Sun”

87 views

サスカチュワン州の中心部にある酪農場で育った Ellen Froese(エレン・フローゼ)は、父親のトラックでクラシックを聴くのが好きだったことから、幼い頃から音楽への情熱を見出していました。しかし、彼女をソングライティングの世界へと駆り立てたのは、ニール・ヤングとの出会いでした。彼の音楽を聴いて、彼女はピアノのレッスンをやめ、独学でギターを学びました。

彼女のキャリアの始まりは、クラシックなフォークやブルーグラスに大きく影響されたものでした。2012年に2人の友人と In With The Oldを結成し、Ellenはこれを「10代のブルーグラスバンド」と呼んでいます。現在、3枚のソロアルバムをリリースし、2022年には1枚のソロアルバムをリリースする予定です。エレンのサウンドは進化していますが、フォークミュージックへのこだわりは変わっていません。彼女の音楽には、ロックンロール、クラシックなカントリーバラード、ホンキートンク、1970年代のサイケデリックポップのグルーヴなどの要素が加わっていますが、ブルーグラスの伝統に基づいた労働者階級の親しみやすさは健在です。

現在フロースは、The Sheepdogsの Sam Corbettのプロデュースによる4枚目のソロアルバムを制作中で、これまでのコンフォートゾーンからさらに踏み出した作品となっています。このアルバムは、ファンを魅了してやみません。この曲は、「葛藤や、自分の主張を通すことができない無力感」について歌っています。「次の行動を計画したり、何を言えば相手に聞いてもらえるか、理解してもらえるかを考えたりする思考のサイクルから抜け出したいという気持ちを歌っています。」サスカトゥーンのThe Rec Hallで録音された “In The Sun” には、尊敬する Clayton Linthicum (Kacy and Clayton – Guitar)、Sam Corbett (The Sheepdogs – Drums/Production)、Chris Mason (The Deep Dark Woods – Bass)が参加しています。

「この曲は、もともと Campbell Woodsとのアルバムに収録していたバージョンで、とてもフォーキーな曲です。 ペダルスチールとソフトなハーモニーを使った、みずみずしくてヴァイビーなバージョンを聴けたらいいなと思いました。この新しいバージョンでは、「悲しみを受け入れる」という気持ちが伝わってくると思います。」

私は記憶のスライドショー
あなたは忘れてしまったのかもしれない
感じたことはありますか?
私の心はいつもあなたの袖の上にあります
議論には芸術がある
どうして練習したことがないの?

話すのにも疲れたよ
何も考えずに太陽の下で寝ていたい
ここで何時間でも過ごせるよ
あなたがしたいことをしていいのよ

あなたが私に愛を示すとき
帰りたくなってしまう
あなたにとってこのゲームはどんなものですか?
どうして私のことを知りたくないの?
私のことを蛇だと思っているの?
どっちにしても、もう気にしてないと思うよ

あなたの道に1つのレンガを加える
君が怒るたびに
何をして欲しいの?
避けて通るか、無駄な努力を続けて
あなたに
私は今まで知りたかったのは