Constant Follower – “Spirits in the Roof Tree”

101 views

秋は、周囲の環境の微妙な変化に合わせて、人をより深く考えさせる傾向があります。

木の葉が色づき始めた頃、私たちは Constant Followerの音楽、特にニューアルバム ‘Neither is, nor ever was‘ に惹かれました。

このアルバムは、田園地帯のメロディーと個人的な啓示に満ちた、真実を語ることを恐れない素晴らしい作品です。

映画監督のマイケル・プリンスは、このアルバムに魅了され、特に “Spirits In The Roof Tree” のサウンドに夢中になりました。

Constant Followerに連絡を取り、2人はこの曲のフルビデオを制作しました。このビデオでは、独特の雰囲気を持つビクトリア調の家が使われています。

映像作家のコメントです。「”Spirits In The Roof Tree” にはすぐに共感しました。虚無感と、どこかで失った可能性のある愛、そして “内なる”可能性のある精神は、私が取り組めるテーマだと思いました」とコメントしています。

「2020年のロックダウンの際、私は自分の家で映画を作っていました。古いビクトリア調の家で、部屋のひとつにはっきりとした存在感や「魂」がありました。春、トチノキの葉が新しくなり、風が吹くと、日光が葉の間をさざ波のように通り抜け、ビクトリア調の窓から「霊の部屋」にこぼれ落ちる……映画はここで作られたのです」

「私たちはこの映画の全編を共有することができ、音と映像の完璧な融合を見ることができます。マイケル・プリンスはこう続けます。Constant Followerが私の映画に興味を示し、彼らの曲を聴かせてくれたとき、すぐに “スピリット”ルームで新しい映像を撮影して、彼らのビデオを作りたいと思いました。それは正しいことだと思いましたし、映画の方向性としても良いものでした。しかし、オリジナルの映像と同じように撮影するためには、照明条件を同じにする必要がありました」

「バンドメンバーのエイミーは、「ゴースト」「フェッチ」と呼ばれるリンク役でした。私は彼女をフィルムで撮影し、そのポートレートをプリントしました。何度か彼女を家の中で撮影しようとしましたが、条件が合いませんでした。最終的には、夏の終わりの夜に風が吹き始め、家の中の光が動き始めました…完璧でした。エイミーは “霊 “の部屋で撮影され、映画に編集されて完成しました」


created by Rinker
¥250 (2021/12/06 10:51:54時点 Amazon調べ-詳細)