Surface To Air Missive – Third Missive

レーベル活動復帰後も相変わらず自分達のペースでリリースを重ねて、こ ちらの作品の発売日は大晦日となっておりました。と、どこまでも自由なレーベルカラーと似合ってる気がする彼等が移籍してきての新作です。

前作から少し間が空いているので記憶が薄れつつあるにしてもこんな感じじゃなかったはず。調子を外したローファイ感は変わっていないと思うけど、こんなにサイケロックやプログレッシブそしてオールディーズな演奏や構造ではなかった。

バンドから発される音感は限りなく生でラフなのですが、ソフトサイケ調のメロディや演奏と絡んで、ローファイでレイドバックなものなんだけど造りは深いという面白い結果になっています。しばらく聞かない間にバンドとして成熟してたようで驚きました。せっかくいい作品なのでレーベルにはもう少し正攻法でやってもらいたい。

8.1