Jorge Elbrecht – Here Lies

7.7

Jorge Elbrecht – Here Lies

Jorge Elbrecht – Here Lies

たぶんなんとなく思うに、この人は結構難しい性格の人なのかなと。ひねくれているというわけではないですが、こだわりが凄そう。ここ最近はレーベルの立上げや、プロデュース、コラボレート、プロジェクトの活動が中心でしたので、やっと本人の作品を出してきたなって印象。まだやっているのか分からないバンド時代から感じるハーモニックなメロディやヴォーカルを持って、エレクトロニクスを大前提で表現した本作ですが、一人でやっていてもゲスト参加、または自身のオーバーダブ・ヴォーカルでハーモニックなヴォーカルは保たれている。ちょっと前にOMDのカバーをやっていたけど、そんな感じの音楽が本当に好きなんだろうって思わせる内容でとてもシンセポップ。と、思っていたら後半は突如ギターポップ、シューゲイズな路線へと線変更してしまい、最後はブラメタ締め。この構成の仕方とかほんと変な人だわあと思いつつも、こんな曲を聴くとViolensとしての新作が聴きたくなるよ。

more detail