Van Houten – “IDK”

昨年末にリリースされた ‘Home Alone EP’ に続き、リーズのバンド Van Houtenが新しい両A面シングルを準備中で、その前半部分である “IDK” を公開しました。タイトルからもわかるように、この曲は人生の混乱をテーマにしたものだと彼らは説明しています。

「この曲は、ある種のサイクルに陥っていると感じ、次に何が起こるのか自分ではコントロールできないという事実を不本意ながら受け入れることを意味しています。この1年とそれにまつわる感情が、自分を取り巻く世界に翻弄されているという感覚を刺激したのだと思います。」

Van Houtenは、歌詞の中に感じられる行き詰まりのフラストレーションにもかかわらず、歪んだギターと爽やかなリズムに乗って、”IDK” は至福の時をもたらしてくれます。この曲では、存在意義、人生の苦悩についての考察、この混乱の中でどうやって身を処していくかについての質問など、個性的な意見を述べるスペースが十分に確保されています。Van Houtenは、決して興奮したり動揺したりすることなく、友好的に冷静であり、半ば強引に肩をすくめるようにしている。”I don’t know.” この言葉はバンドによって暖かいメロディーに乗せられ、彼らの心配事は発生した時と同じように簡単に片付けられ、彼らは一筋の光の下で太陽の下を航海することができるのです。

IDK
created by Rinker
¥250 (2021/10/20 11:44:29時点 Amazon調べ-詳細)