Toby Whyle – “Not in the Slightest”

オーストリア、ヴィエナの Toby Whyleは、デビューEP ‘A Mood of Its Own’ に続き、ニューシングル “Not in the Slightest” を発表しました。この曲は、激動の時代の中で人が憧れる過去の瞬間の無謀さをテーマにしています。しかし、この曲は、ノスタルジーに浸ったり、思い出を美化しようとするものではありません。それは、新しいことに挑戦する勇気を取り戻し、「もしも」に怯えることなく瞬間を受け入れることを思い出させてくれます。

この曲は、感情と理性がぶつかり合っていても、何かに熱中して情熱的になる気持ちを表現しています。この緊張感は、メランコリックなピアノのコードとドリーミーなギターのメロディーの相互作用によって反映されています。これは、希望に満ちた映画のシーンのサウンドトラックのように、元々は対立していた2つの面を徐々に融合させていきます。

勉強を続けて経験を積むと、当然ながら同じ失敗を繰り返さないようにします。しかし、安心のために生まれたパターンを手放すことに意味がある場合もあります。一方で、完璧主義が蔓延しているために、少しでも障害があると熱意が削がれてしまうこともあります。「言うは易し、行うは難し」ですが、失敗や挫折を恐れて始められないのは、確かに解決策ではありません。

終わらない夕暮れ
絶え間ない火事
非常識なアイデア
高い希望にしがみついて
そしてすべての歌
私たちの小さな暴動
興奮が止まらない
決して静かではない

何があっても怖くない
わずかな方法で
私たちを悩ますものは何もない
私たちを苦しめるものは何もない
何も私たちを引き裂くことはできない
ほんの少しでも
些細なことでも
些細なことでも
わずかな方法ではなく

あらゆる考えが
インスピレーションは
転がる車輪のように
That never tire out

何があっても怖くない
わずかな方法で
私たちを苦しめるものは何もない
わずかな方法で
私たちを引き裂くものは何もない
ほんの少しでも
些細なことでも
些細なことでも
わずかな方法で

些細なことでも

何も怖くなかった頃
わずかな方法で
私たちを悩ませるものは何もない
些細なことでも
私たちを引き裂くものは何もない
ほんの少しでも
些細なことでも
些細なことでも
些細なことでも

私たちを怖がらせるものは
ほんの少しでも
私たちを悩ませるものは
ほんの少しでも
ほんのわずかな方法でも

ほんの少しも
わずかな方法ではなく
ああ、わずかな方法ではない

created by Rinker
¥250 (2021/12/01 18:04:42時点 Amazon調べ-詳細)