Mint Field – ‘Soñé’

メキシコシティの Mint Fieldが、最新アルバム ‘Sentimiento Mundial’ 以来の素材となる2曲のカバー曲を携えて帰ってきた。2020年のパンデミック開始時、すべてが不確かで、バンドは時間を持て余していた。彼らはその時間を使って、新しい音楽を作るだけでなく、久しぶりに過去と現在の音楽のファンであることに投資したのです。その間に、彼らの子供時代の過去の2曲、Mecanoの “Aire” と Jeanetteの “Un día es un día” が再発見されたのだ。

Mint Fieldは、このカバー曲が生まれた経緯をこう説明する。「私たちはラジオや両親と一緒に聞いて育ったので、この2つの80年代の曲のファンだったんです。メカーノの「アイレ」はカセットでライブ盤を持っているんだ。聴き直して、その曲のエネルギーをすべて感じたことを覚えています。アナ・トローハの声は、曲の楽器編成全体とともに、いつも立派でとてもユニークなものに思えました。」

Public Memory – “Epigone”

ERAAS のメンバー Robert Toher によるブルックリンのダーク・エレクトロニックウェーヴ・プロジェクト Public Memory が、今年リリースのEP ‘Illusion of Choice’ に続き、Felte Records からリリースする新作アルバム ‘Ripped Apparition‘ から “Epigone” をファーストカット。