SRSQ – “Someday I Will Bask in the Sun”

SRSQ(Kennedy Ashlyn(ケネディ・アシュリン))の最新シングル “Someday I will Bask In The Sun” は、内省の波の中をサーフしているような気分にさせてくれる作品です。Chris Coady(Beach House, Yeah Yeah Yeahs)がプロデュースしたこの曲は、霧雨のようなコードと爽やかなコーラスで彩られ、誰もが経験する感情の浮き沈みをナビゲートしてくれる。しかし、SRSQは、すべてのものが一時的なものであるという自己認識と快適さをもって、これを行う。アシュリンはこの曲について以下のように語っています。

「”Someday I Will Bask in the Sun” は、内省と受容、そして希望の可能性を歌った曲です。この曲は、過酷な感情のサイクルが避けられないことを、破滅の予兆にとらわれることなく受け入れることを歌っています。この曲は、混乱の永続性を反映しているが、打ち寄せる波に打ちのめされるのではなく、サーフィンするという概念を体現している」

時間を無駄にする
重要か?重要だ
私はとても良心的です
それが重要か?重要だ
自由になりたい
それは重要ですか?それは重要です
線路の上を歩く
それは重要ですか?

氷の中で凍る
精神的な静止状態が消去される
この悪癖から抜け出せない
私は裸で、私は空虚だ
そして、絶望的に捕まる
この人生の激流に
いいなあ
明日がどうなるかを知るだけで

内面も
衝撃に耐えている
答えを待っている
だから、彼らを来させる

時間をかけて
この刑務所に命名することはない
自分の意思で
私は蘇り、赦された
私は思考を楽しむ
私が生きることができる世界について
神々しいではないか
いつの日か、太陽を浴びることができるように。

内面も
衝撃に耐えている
私の人生を破壊するために待っている
太陽の光になるために

Pierce with Arrow – “For Electra”

ミニマル・テクノ・アーティストとしても知られる Troy Pierce と、Poison Arrow の Natalia Escobar によるダークアンビエント、エレクトロニカ、アートポップ・デュオ Pierce with Arrow が、デビュー・シングル “For Electra” を Dais Records からリリース。

TEMPERS – “Bright Over Me (Acoustic)”

Jasmine Golestaneh と Eddie Cooper によるニューヨークのニューウェーヴ、ダークウェーヴ・デュオ Tempers が、ニュー・シングル “The Use of My Belonging” を Dais Records からリリース。2015年にリリースしたアルバム ‘Services’ に収録曲 “Bright Over Me” のアコースティック・ヴァージョンをシングル・リリース。

Sprain – “Constant Hum”

シドニー出身で、活動の拠点をロスアンジェルスに移したニューウェーヴ、インディロック、ポストパンク・バンド Death Bells が、2017年のデビュー・アルバム ‘Standing At The Edge Of The World’ に続き、Dais Records からリリースするアルバム ‘New Signs of Life‘ から10分超えのシングル “Constant Hum” をリリース。