Spunsugar – “Rodan”

“Rodan” は、ダンサブルだけど悲しいポップ/シューゲイザーソングです。”Rodan” とは、もちろん怪獣のことです。日本映画のゴジラのような怪獣です。「歌詞を書いているときに感じたことです」とギタリストの Cordeliaは言います。”Rodan”は、カラーで製作された最初の怪獣映画であり、Spunsugarsの新曲にふさわしい象徴となっています。きらびやかなギター、シンセサイザーのようなドラム、そして Felixの叩きつけるようなレールウェイ・ベースで構成されたこの曲は、昨日も今日も明日も同じようにそのサウンドを楽しむことができます。Elinのヴォーカルはクリアでコントロールされており、聴く者を勇気づけます。この曲は、バンドの新たな方向性を示すものであり、バンドはこれまで以上に団結して自分たちの力を発揮できるようになったと感じています。

狂喜乱舞してしまうことも
飢えていて、見えるのは
私の手
どうやって二人で掻き回し始めるのか
私の思考は崩壊した
小ささは死んだ

高パーセンテージと薬だけ
怒りが収まるまで
持たない
串刺しの鉄板を照らす必要はない
私のすべての静止画を再配置する
僕の頭を黙らせる

黒目と動脈が煮えたぎる
何かをするつもりはない
私が何をしようとも
煮えたぎる器にはタールが入っている
煮えたぎる器の中にはタールが入っている

設定は全てフルスターラーで
これを多元宇宙の中に
食べる
土地、路面電車、子供、人間
5フィート4のロダンが
町中を破壊する

賭ける人は
木の上のほう
イポリから出てきた
すべてを台無しにした
受け継がれていく
私に

黒い目と動脈がうずまく
何もするつもりはない
何をしようとしているのか
煮えたぎる器にはタールが入っている
煮えたぎる器の中にはタールが入っている

created by Rinker
¥250 (2021/10/20 05:06:36時点 Amazon調べ-詳細)